2015.05.14【日译中】「流星の絆」第十四章4(35句)

兰汐羽兮 (神谷みか/みかの消失) 译心传心
27 10 0
发表于:2015-05-14 11:35 [只看楼主] [划词开启]

   じつはね、と行成はいった。その顔は新しい悪戯を思いついた小学生のようだ。

    其实啊,行成说道。他脸上的表情像是突然想到新的恶作剧的小学生似的。

 

   「目玉にしようと思っているメニューがあるんです」

   “我们有作为招牌菜推出的菜单。”

 

   「何ですか」

  “什么”

 

  「それはね」彼は声をひそめた。「ハヤシライスです」

  “那就是”行成压低声音,“牛肉丁盖浇饭。”

 

  えっ、と静奈は目を見開いた。「ハヤシライスが目玉なんですか」

   诶,静奈睁大眼睛。“牛肉店盖浇饭作为招牌菜吗”

 

  行成は大きく首を縦に振った。

   行成使劲点点头 。

 

    「もちろん、それだけではありません。コース料理があって、魚や肉を食べた後、ハヤシライスで締めくくるというわけです。当然、途中の料理は、そのことを前提にしたものになります。最後のハヤシライスをいかにおいしく楽しんでいただくか、に重点を置きたいと思っているんです」

   “当然不只是这个。有配套的料理。吃完鱼、肉等主菜后,以牛肉丁盖浇饭收尾。当然中间的料理要以这些为前提,重点是最后的牛肉丁盖浇饭要吃的很开心。”

 

   「おいしそう。でもおなかがいっぱいになりそう」

   “很好吃啊。可是觉得肚子早吃饱了。”

 

  「女性でも食べきれるように、すべての料理の量を調整する必要はあるでしょうね」

  “为了让女性也能吃完,必须要调整所有料理的量。”

 

 「自信があるんですね、ハヤシライスに」

 “你对牛肉丁盖浇饭很有信心啊。”

 

 静奈の言葉に、行成はぐいと顎を引いた。軽く胸を張ったようにも見えた。

   听罢,行成微微抬了下巴,像是给自己打气。

 

   「うちの店が今のようになれたのも、元々はハヤシライスがあったからなんです。それが人気を呼んで、徐々にお客様が増えていったわけです」

  “我们家的店可以如此发展迅速,都是因为有牛肉丁盖浇饭。因为这样打响名气,客源才越来越广。”

 

 「そんなにおいしいのなら、今夜はハヤシライスを食べればよかった」

 “这么好吃的话,今晚要是能吃到就好了。”

 

 すると彼は微笑んで首を振った。

  行成微笑着摇摇头。

 

    「残念ながら、今この店でお出ししているハヤシライスは、本来のものではありません。父は新しい店を出す際には、まずオリジナリティのあるハヤシライスを作ることを責任者に命じるんです。本家のレシピは部下にも教えません。つまり、『とがみ亭』のハヤシライスといっても、いろいろあるんです」

   “非常遗憾的是,现在这个店卖的牛肉丁盖浇饭,不是原来的。父亲每次在新店开张的时候,首先会任命原创牛肉丁盖浇饭的负责人。本家的菜谱也不告诉部下。也就是说,虽然都叫‘户神亭’牛肉丁盖浇饭,但是也有很多种。”

 

    「じゃあ、今度オープンする店でも、また新しいハヤシライスを?」

   “那这次开张的店也是新制的牛肉丁盖浇饭吗?”

 

    「いえ、今度の店では元々の味でいきます」行成は宣言するようにいった。「原点に戻って、元祖『とがみ亭』のハヤシライスを売りにしたいと思っているんです。父を説得して、最近ようやく了承を得た次第でね」

    “不,这次的店是原来的味道。”行成像是宣言一般说道。“准备回到原点,出售原本的‘户神亭’的牛肉丁盖浇饭。最近我说服了父亲,得到他的理解。”


 

 

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (10) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团