2015.05.14【日译中】猫咪“豆知识”——1.1.3.4 对猫咪过敏的治疗方法

yuxiaobesty (小玉) 译犹未尽
76 10 0
发表于:2015-05-14 21:27 [只看楼主] [划词开启]

猫アレルギーの治療法 

对猫咪过敏的治疗方法

 現在、猫アレルギーの根本的なメカニズムは解明されていません。ですから必然的に、病院におけるアレルギー治療は「対症療法」、すなわち「今出ている症状を、アレルギー薬などで差し当たり軽減すること」が基本方針となります。

现在,(人们)还没有从根本上弄清楚(人对)猫咪过敏的病因结构。但是,在医院里必然地(出现了)治疗过敏的“对症疗法”——也就是以“用抗过敏药等暂且减轻现时出现的症状”为基本方针的治疗方法。
 しかし将来的には、猫アレルギーともっとうまく付き合っていく方法が生み出される可能性もあります。以下でご紹介するのはその一例です。

不久的将来,也许会出现更好的对猫咪过敏的治疗方法下面就介绍其中的一个例子。

将来的な猫アレルギー治療

将来的对猫咪过敏的治疗

·  アレルギー新薬の開発 2013年7月、ケンブリッジ大学のクレア・ブライアント教授は、「アレルゲンFel d 1とある特定のバクテリアが接触すると毒素が生成され、それがアレルギー反応を引き起こす」という事実を突き止めました。また、毒素を認識する免疫系の要素も特定したとのこと。このように、これまでよく分かっていなかった猫アレルギー反応のメカニズムは、徐々に解明されつつあります。今後さらに研究が進めば、アレルギー反応をピンポイントで抑制するような薬が登場するかもしれません。ネコアレルギーの仕組みを解明か、新治療法開発に期待

·过敏新药的开发 2013年7月,剑桥大学的科勒阿・布朗安多教授揭露了“变态反应原Fel d 1和某特定的细菌接触后,会生成毒素,因此引起过敏反应”这个事实。并且,已查明识别毒素的免疫系统的要素。因此,现今还未查明的“人对猫咪过敏”的病因结构,逐步被解答清楚。这个研究如果继续进行下去的话,说不定真能出现治疗对猫咪过敏的特效药。是否能阐明清楚“人对猫咪过敏的病因结构,以及因此而开发出新的治疗方法,都是备受期待的。


· 免疫療法 海外では現在、「減感作療法」(げんかんさりょうほう)と呼ばれる免疫療法に関する研究が進んでいます。「減感作療法」とは、低濃度のアレルゲンにあえて触れさせることで、体を徐々に慣らしていく治療法のことです。具体的には「SIT」、「ALLERVAX CAT」、「T-cell reactive treatment」、「ILIT with MAT-Fel d 1」、「Peptide Vaccine」、「Cat-PAD」といった療法において、それぞれ治療効果が報告されています。今後さらに研究が進めば、上記「減感作療法」が日本にも輸入され、「猫アレルギーの根治」と言う夢のような話が実現するかもしれません。

· 免疫疗法 在海外,现在也在进行着对<减感作疗法>的免疫疗法的研究。所谓<减感作疗法>,就是通过接触低浓度的过敏原,让身体慢慢地习惯/适应的治疗方法。具体的还有「SIT」、「ALLERVAX CAT」、「T-cell reactive treatment」、「ILIT with MAT-Fel d 1」、「Peptide Vaccine」、「Cat-PAD」等疗法,以及各种疗法相对应的治疗效果报告提出来。这个研究如果继续进行下去的话,上面所说的<减感作疗法>也能引入日本,说不定就能实现“根治(人对)猫咪过敏反应”的梦语了。


最后编辑于:2015-05-26 21:00

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (10) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团