【一期一会】5月15日,宿題君

楠树花开 (楠树花开)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
人气新星
372 40 2
发表于:2015-05-15 00:00 [只看楼主] [划词开启]

過去の否認は有害な態度である。 現在と戦い、未来を創造するには、 往々にして過去が最も有効な武器なのである。

-----------以下内容回复可见-----------

幼い頃持っていた絵本に、夏の終わりの夜の海辺の情景があった。ひと夏を海辺の別荘ですごした尐年と尐女と母親が、しゃがんで線香花火をしているのである。海は暗くて、夜空を火球が走っている。見えるわけもないのに、ひとでやはまぐりが大きくはっきりとかきこまれている。花火の火で、三人の顔がほの明るく照されていた。大体そんなふうだったと思う。その脇に文字があって、それははっきり覚えている。

「のこり花火は、①さびしいな。あしたは、汽車で帰るのよ」というのであった。海辺に別荘をもってひと夏をそこで過ごす。そんなすばらしいことがあるだろうかと子供心に思った。( ② )、私の父親は安サラリーの新聞記者だったから、8畳と6畳の賃貸しのアパートで暮らしていたの

で、③それどころではなく、そんな夢は叶うわけもなかった。それから数年間、海の全くないところで暮らした。そののち、夜ふけてくると風邪の具合で海が鳴っているのが聞こえる土地に住み着いた。夏の夕方など、自転車に乗っていった。海に近かずくにつれて路に砂が多くなる。そして、もうこれ以上乗ったままでは進めない、というところまで来ると路は終わっていて、松林の続く砂地になる。   自転車を引きずるようにしてさらに進むと蒼黒く変色しはじめている海が、いきなり視界にひらけた。今、日は堕ちたばかりで、まだ地平線近くには残像があるが、むくむくと這い上って来た積乱雲は蒼白で、東の空をいっぱいに占めている。波は狼の歯のように白い。   流れついた板の上に腰を下ろして、刻一刻と暗くなっていく夏の海を、いつまでも見ている。   泡が呟き、波は去っていく。なんかが起る。そんな予感を感じさせるのだった。あの頃からもまたずいぶん時がたった。もう幾年も、そんな夏の夜の海を見ない。

問1  ①なぜ「さびしい」のか。  

1 花火がもうおわってしまったので、なんとなく寂しく感じたから。  

2 ひと夏を海辺の別荘で楽しく過ごしたが、明日は帰らなければならないから。 

3 明日、汽車で帰るのがどうしてもいやだったから。  

4 ひと夏を海辺の別荘で楽しく過ごす尐年と尐女がうらやましかったから。 

-----------以下内容回复可见-----------

問2 ( ② )に入る、最も適当な言葉はどれか。  

1 さらに   2 だから  3 ところで     4 しかし 

-----------以下内容回复可见-----------

問3  ③「それ」は何を指すか。  

1 夏休みを家でのんびりと過ごすこと。  

2 この母親や尐年と尐女と一緒に海辺の別荘に行くこと 

3 8畳と6畳の賃貸しアパートで暮らすこと  

4 海辺に別荘を持って、ひと夏をそこで過ごすこと 

-----------以下内容回复可见-----------

問4 この文章の内容として最も適当なものはどれか。  

1 幼いころ読んだ絵本の中の海辺の情景にあこがれていたが、やがて海の近くに住むことができるようになり、とても満足している。 2 海が好きなのは、幼いころ、海の近くに住みたいとずっとおもっていたからであり、大人になってからも、大好きな夏の海をいつまでも見ていることがある。 

3 絵本の中の海辺の情景にあこがれていた幼いころのこと、そして、海の近くに住んでいたころよく見た夏の海の様子が、今でも深く心に残っている。 

4 昔見た夏の海の様子ははっきりと覚えているが、大人になった今では、もうそんなに海を見たくはない。

-----------以下内容回复可见-----------

怕忘记每天做题,怕找不到帖子么?没关系, 戳右边奏可以 一期一会(宿题君) 妈妈再也不用担心我得日语啦~~你懂哒!

【日语·日本文化】日本姓氏的怪味逗史 给你不一样的日本

【一期一会】5月14日,宿題君 昨日回顾走起


本帖来源社刊

分类: 词汇学习
全部回复 (40) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团