☀初声早早读☀<506>大谷吉継( 7)転生 —♪ツバキ

WGAMJGMGWG (ツバキ)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱见习巫师
96 13 6
发表于:2015-05-15 08:24 [只看楼主] [划词开启]

こんにちはw  毎週金曜日の朝6:30~8:00の朝朝読み会の司会者になりましたツバキです~みんなさん、よろしくお願いしますww

本周到第七部分啦  虽然有点难  但是我们一起愉快的撸完吧 !!ww

—第一部分:

—人物:川村部长 山本
場面:転勤してきた山本さんが新しい職場の部長に挨拶をする  —  —

重点词汇:  —川村(かわむら)0        —転勤(てんきん)0:公司内部(异地)工作调动  —

職場(しょくば)03:工作单位,工作岗位  —             ノック1:敲门                  青森(あおもり)2
たまえ    (终助词)  表示命令  —                                  田川(たがわ)1     
大いに(おおいに)1:大大地,非常

—

原文音频:

どうぞ。 

—失礼します。今度青森支店からこちらへ転勤になりました山本と申します。青森では東京本社に着いたら、まず川村部長に挨拶するように言われました。 —

そうか。まあかけたまえ。 —

失礼します。

—青森支店の田川君元気かね。

—はい、部長によろしくとのことでした。 —

山本君と言ったかね。

—はい。 —

青森には何年ぐらいいたのかね。 —

入社してすぐ青森に行き、4年おりました。 —

冬はきついけど、あそこはいいところだろう。

—はい、初めは大変なところに来たと思ってましたが、慣れるにつれ、青森が好きになりました。嫁さんも青森の人をもらいました。 

ハッハハ、それはよかった。ああ、こちらでも頑張ってください。大いに期待してますよ。

はい。よろしくお願いします。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

原文音频:

l   07 転生 
   「見える?」 
   目を開けた私はまずそのことに驚いた。しかし、飛び込んできた風景は自分の知っているものとはまるで違っていた。私は鉄でできた台の上に、布団をのせた寝床に寝かされており、まわりの壁は全て白塗りで、私の知っているどんな様式とも違っていた。そして圧倒されたのは窓の外に広がる石作りの巨大の建造物の群れだった。何しろ、失明していたはずの目が見えるようになっていたばかりか、目覚めた場所は私にとって、あまりにも奇異な世界だったのだ。それだけではない、何よりも驚いたのは私の体がまるで見知らぬ男の者に変わっていたことだった。 
   「いったい何が。」 
   混乱する私の耳に、扉を叩く音が聞こえた。 
   「見舞いにきてやったぞ」 
   その声に振り返ると、見知らぬ男が部屋へと入ってくる。 
   「何者だ?いや、それよりここはどこなんだ?」 
   そんな私の問いに、男は戸惑ったような表情を浮かべた。 
   「は?いきなり何言ってやがる?薬でもきめてんのかよ」 
   「いいから、答えろ、貴様はあの老人の仲間か」 
   「あぁ、分かった分かった、分かったから、落ち着けって」 
   どうやら、私が錯乱していると思ったらしい。宥めるような声を出すと、男は静かに語り始めた。 
   「全く、だちに向かって、誰ときたもんだ、いいか、ここは病院だ。それで、てめえはな」 
   私の頭がおかしくなったのではないかと、訝しげに説明する男の話をききながら、私は必死に状況の把握に努めた。彼によると、ここはけが人や病に掛かった者が収容される病院という場所であり、今は四百年先の平成という時代だという。その話を聞き、私は愕然とした。どのような理屈か分からないが、私の魂は時を越えてしまったらしい。そして、四百年も先の時代に生きる男の体へ入り込んでしまったのだ。それが、三年前のことだった。 

  単語:

寝床(ねどこ)0:睡铺,被窝。                      建造物(けんぞうぶつ)3 

奇異(きい)1:奇异,奇怪。                         戸惑う(とまどう)3:不知如何是好。糊涂,困惑  

錯乱(さくらん)0:错乱,混乱。                宥める(なだめる)3:安慰,抚慰,使平静,平息。 

把握(はあく)0                                          愕然(がくぜん)0:愕然。(非常におどろくさま。)    

理屈(りくつ)0:歪理。诡辩。借口。(捏造的)理由。 

 Wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 

翻译:

转生 


   “我能看到?” 
   睁开双眼我首先被自己复明这件事震惊了。但是,映在眼中的风景却和自己记忆中相差甚远。铁做成的台子上放着被褥,我就躺在这床上。周围的墙壁全被涂成了白色,和我所知的任何一种样式都不同。最让我震惊的就是窗外无数的石制巨大建筑群。原本失明的双眼不但复明了,我醒来的地方,对于我来说又是一个过于奇异的世界。而且不止如此,更让我吃惊的是,我的身体变成了一个完全没见过的男人的身体。 
   “到底发生了什么” 
   就在我陷入一片混乱的时候,耳边响起了敲门声。 
   “我来看你了。” 
   听到声音我转头看去,一个不认识的男人走进了屋里。 
   “你是谁!不,这里是哪里!” 
   面对我的质问,男人流露出了困惑的神情。 
   “啊?你在说什么?你药吃多了吗?” 
   “够了,你快回答我,你是那个老人的同伙吗” 
   “好的,我知道了,知道了,你先冷静下来。” 
   他似乎觉得我精神错乱了。他用安抚我的语气,静静地开始解释。 
   “真是的。居然问自己的朋友是谁。听好了,这里是医院,然后你是” 
   我一边听着这个怀疑我脑子不正常的男人解释,一边拼命地把握现状。根据他的话,这里是收容受伤和生病的人的名叫医院的地方。现在是四百年之后被称为平成的年代。听了他的话,我顿时震惊了。虽然不知道是什么原理,但是我的灵魂似乎穿越了。然后,进入到四百年之后的这个男人的身体中。这些,是三年前的事情。 


最后编辑于:2016-05-01 21:49

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (13) 回复 反向排序

  • 6

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团