2015.07.17【日译中】羊をめぐる冒険 第四章 (24)

芹1993 (傻啦吧唧二号) 译译生辉
7 1 0
发表于:2015-07-17 12:06 [只看楼主] [划词开启]

 

男の顔はその手ほど多くを語ってはいなかった。端整な顔だちではあったが無表情で、平板だった。鼻筋も目もあとからカッターナイフでととのえたように直線的で、唇は細く乾いていた。男は全体的に浅黒く日焼けしていたが、それがどこかの海岸やテニス?コートで冗談半分に焼かれたものではないことは一目見ればわかった。我々の知らない種類の太陽が我々の知らない場所の上空に輝いていて、これがこのような種類の日焼けを作り出すのだ。

時間は驚くほどゆっくりと流れた。それは天に向けてそびえ立つ巨大な機械装置の一個のボルトを思わせる冷ややかで硬質な三十分だった。相棒が銀行から帰ってきた時、部屋の空気がひどく重くなっているように感じられた。極端に言えば、部屋の中にある何もかもが釘で床に固定されたような、そんな感じだった。

 

「もちろん、そういう感じがしたというだけのことだよ」と相棒は言った。

「もちろん」と僕は言った。

  他的脸并没有像他的手那样有过多的叙述。端正的面容下却无一丝表情且平淡。鼻梁和眼睛就像后天整过一般笔挺,嘴唇薄且干。男人整体晒的有些微黑,但却一眼能看出这并不是在某个海边或是网球场不经意间晒的。那是我们所不知道的太阳在我们未知的上空闪闪发光,然后晒出了这种颜色的黑。时间过的惊人般的慢。让人想起了让人联想起冲天而耸立的巨大的机械装置的一个螺钉,冰冷而坚硬的三十分钟。同事从银行回来的时候,能感觉到屋内的气氛越发的沉重。极端的说,就像是屋子里的某个东西被钉子固定到地板上的感觉。

 “当然,仅仅是这么个感觉”同事说

“当然”我说道。

 

 

 2 奇妙な男のこと(3

一人で電話番をしていた女の子は緊張感のためにもうぐったりと疲れ切っていた。相棒がわけのわからないまま応接室に入り、自分が経営者であると名乗ると男は初めて姿勢を崩し、胸のポケットから細い煙草を取り出して火を点け、煩わしそうに煙を宙に突き出した。あたりの空気がほんの少しだけゆるんだ。

女人可能是因为一个人守着电话有些紧张,已经累到筋疲力尽了。同事不明情况地走进接待室,男人一听到同事自称老板终于一改最初的姿态,从胸前的口袋中掏出一盒细烟点上火,不耐烦似的向空中吐出一口烟。周围的空气稍微缓和了一些。


「あまり時間がないので、手短かにやりましょう」と男は静かに言った。そして札入れからぴしりとした手の切れそうな名刺を取り出し、机の上に置いた。名刺はプラスチックに似た特殊な紙でできていて、不自然なほど白く、そこに小さな黒々とした活字で名前が印刷されていた。肩書きもなければ住所も電話番号もなし。ただ四文字の名前だけだった。見ているだけで目が痛くなるような名刺だった。相棒は裏返してみて、そこがまったくの白紙であることを確かめてからもう一度表を眺め、そして男の顔を見た。

 “也没那么多时间了,那就简单点说吧”男人安静地说道。然后从钱夹中掏出一张似乎能割破手的锋利的名片,放到桌上。名片是用类似塑胶材质的纸作成的,白的有些不自然,上面黑色的小字。没有头衔也没有电话号码。只有四个字的名字。是那种让人仅仅看了就会刺痛眼的名片。同事翻过来看了看名片的背面,确认那完全是张白纸之后再看了看正面,然后望了眼男人的脸。


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团