2015.07.18【日译中】太陽の坐る場所 第一章 2 (31句)

fanlyP (凉粉) 译犹未尽
6 1 1
发表于:2015-07-18 21:29 [只看楼主] [划词开启]

太陽の坐る場所太阳坐落之处

【著者】辻村 深月

あれだけ活躍してる人だもの。来てもらえたら、軽い講演かトークショーくらいお願いしたかった。図々しいかしら。

她最近不是很活跃嘛。如果她出席的话,还打算请她做个小演讲或者和大伙来个谈话节目的。会不会很厚脸皮啊。

「だけど、キョウコさん、確か一度だけ集まりに来たことあったよね。みんな、覚えてない?」

“不过,我记得KYOKO其实出席过那么一次聚会的。大家还记得吗?”

聡美はきちんと覚えている。

聪美记得很清楚。

大学一年の頃。東京に進学した者だけで、夏に集まった。チェーン展開の赤提灯の居酒屋。都心から少し離れた、多摩川近くの町だった。

大一的时候,在东京读书的同学在那年夏天小聚了一下。地点是在离市中心稍有点远的,多摩川附近一个小镇的一间有红灯笼的连锁居酒屋。

怪訝な顔をする一同に向け、聡美が続ける。

聪美对着满脸惊讶的一众继续说:

「ほら、あれ。清瀬くんの」

“喏,就是那个,清濑的……”

瀬くん。

清濑。

清瀬陽平。

清濑阳平。

名前を声に出してしまってから、なんとなく口を噤む。あ、という表情を浮かべて、その場にいた一同が揃って聡美を見た。

一说出名字,就无法继续说下去了。在场的一众都“啊”恍然大悟的表情,望向聪美。

「あれかぁ。清瀬のとこ、あれ調布だったっけ。そうだよね、あいつ、このクラスじゃなかったけど、俺と仲良かったから呼んでたんだ」

“那个啊。我记得是在清濑读书的地方,是调布没错吧?是呢,那家伙虽然高中和我们不同班,因为和我关系好,那时候也叫了他。

相変わらず、空気が読めないのか、はたまた読まないのか。島津が悠長に頷く。

不知道这家伙,是一如既往的不会察言观色,还是故意这样。岛津从容的点点头

「確か、そう」

“嗯,是呢。

聡美は浅く顎を引く。言わなくていいことを、口にしてしまったのかもしれない。

聪美微微额首。心想着自己可能说了不该说的话。

それとも私は、主張したいのだろうか。女優の、芸能人のキョウコだって人間で、私たちのクラスメートだということ、彼女を自分が知っているということを。

又或者,自己其实就是想强调呢?想强调女艺人KYOKO是我们的同班同学,自己和她相熟?

「その頃までは、あの二人、まだ付き合ってた」

“那时候,他们俩正在交往。”

「――気にしてるのかな。やっぱり」

“——果然还是会介怀吗。”

「そりゃ、そうでしょう。あんだけ周りを引っ掻き回して付き合って、そして別れたんだから。あんだしっくりきてたのに、不思議なもんだよね」

“那是肯定的吧。他们那恋爱可是谈的轰轰烈烈,把周围的人都扯了进去,而且居然还分手了。两个人明明那么般配,真是造化弄人啊。”

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团