2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(1)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 2 0
发表于:2015-07-19 15:11 [只看楼主] [划词开启]

 時間は、僅かに遡る。

   时间稍往前追溯一点。

 

 帝人と杏里が喫茶店に入った頃——街の中に、一つの『駒』が動き始めた。

   在帝人和杏里进入咖啡馆的时候——街道上,有一匹“马”开始行动了。

 

 矢霧製薬・研究施設

   矢雾制药·研究设施

 

 第六開発研究部の会議室の中で、鈍い打撃音が響き渡った。

   一阵沉闷的击打声传遍了第六开发研究部的会议室。

 

 「逃げたって……どういう事なの?」

   “你说逃走了……是怎么回事?”

 

 矢霧波江が叩き付けた拳の横で、倒れたコップがテーブルにコーヒーの洪水を引き起こす。淹れたてのコーヒーの熱が波江の手に襲いかかるが、彼女は表情一つ変えず、怒りと焦りで静かにその拳を震わせている。

   在矢雾波江砸在桌上的拳头旁,打翻的杯子将咖啡倒在桌子上。尽管刚泡的咖啡的热度袭上了波江的手,但她表情丝毫未变,拳头在愤怒和焦虑之中静静颤抖着。

 

 「あれが警察にでも見つかったら、全て終わりなのよ!?」

   “那个要是被警察之类的发现了的话,我们就全完了啊!?”

 

彼女はその目を怒りと焦燥で満たし、周りにいる部下の顔をぐるりと見渡した。

她用那双充满了愤怒和焦躁的眼睛扫视了一圈站在周围的部下的脸。

 

「従順なフリをして、逃げ出す機会を窺ってたわけね……」

“是你们装作服从的样子,看准机会让她逃走的吧……?”

 

やがて、自分の怒りを必死に抑えつけるように唇を強く噛み、口紅よりも赤い色が舌の上を転がった。

最终,她为了拼命压抑着自己的愤怒,用力地咬住了嘴唇,比口红还要红的颜色在她的舌尖上扩散开来。

 

「……いいわ、『下』で動かせる連中を全部使って探させなさい。いつもみたいにコソコソする必要は無いわ、全力で動かして——トラブルが起こったら適当に処理させて」

“……好啊,把'下面'可以动用的家伙全部派出去给我找!不必像平时那样偷偷摸摸的了,都给我用尽全力去找——要是惹了麻烦就给我适当处理掉!”

 

「傷つけないように指示しますか?」

“要指示他们不要伤害到它吗?”

 

傍らに居た部下の一人が、淡々とした口調で問いかける。

其中一个站在一旁的部下用淡漠的口吻问道。

 

それに対し、波江は僅かに考えた後、ハッキリとした口調で返答した。

对这个问题,波江只想了一小会儿就用明确的语气回答道:

 

「惜しくはあるけれど——この際、生死は問わないわ」

“虽然可惜——但这时候管不了是死是活了。”


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 15:15

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团