2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(6)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 1 0
发表于:2015-07-19 16:28 [只看楼主] [划词开启]

首無し馬——コシュタ・バワーの嘶きには人を畏怖させる力があり、バイクに憑依した今でもそれは殆ど変わっていないのだが——時折、このエンジン音を良しとし、逃げるどころか惹かれるように集まってくる人間もいる。人間の多様性に戸惑いながらも、デュラハンは長い年月の中で次第に街での走り方を身に着けていった。その内に、自分の存在が『都市伝説』になっているとは露知らず——

  无头马——Cóiste-bodhar的嘶鸣声有令人畏惧的力量。即使是凭附在摩托之上的现在,这一点也几乎没变,但是——偶尔,也会有人觉得这个引擎的声音不错,非但不逃走,反而还被吸引聚集了起来。尽管对人类的多样性感到困惑,但杜拉汗还是在长年累月中逐渐习得了在大街上奔驰的方法。在此期间,她完全不知道自己的存在变成了“都市传说”——

 

仕事が無い時、セルティはこうして自分の『首』を探して街を彷徨うのだが——街中で生首が見つかる筈もなく、実質的に何の意味も無い散策だ。デュラハンもそれを理解しているが、何もせずにいる己も許せず、こうして街を彷徨い続けるのだ。

在没有工作的时候,塞尔提就会像这样为了寻找自己的“头”而在街上徘徊,但是——在大街上又不可能找到砍下来的头,因此实质上只是毫无意义的散步罢了。杜拉汗也明白,但是她也不能原谅什么都不做的自己,于是就像这样一直在街上徘徊了。

 

日本に来て驚いたのは、自分以外の妖精や精霊といった類が全くといっていいほど見られなかった事だ。ごく稀に、公園の中や60階通りの入口に生えた街路樹などから『何か』の存在を微かに感じたりもするのだが、その姿を目にした事は一度も無い。故郷のアイルランドでは、まだ多くの『仲間』を感じる事もあったのだが。こんな事ならば、首をなくした時に仲間のデュラハンを探して協力を仰いだ方がよかったのではないか——そうも考えたが、今となっては後の祭りだ。20年前と比べて密航に対するチェックの厳しさは何倍にも膨れ上がり、今や日本から出るには『頭』の存在が必要不可欠なものとなっていた。

来到日本后令她吃惊的,是可以说没见到过一只除了自己以外的妖精呀精灵之类的生物。非常罕见,尽管有时能从种在公园里和60阶大道入口处的街道树上微弱地感觉到有“某种东西”存在,但她一次也没见到过。尽管在故乡爱尔兰,她也感觉到过还有很多的“同伴”。既然这样的话,把头搞丢的时候就找到杜拉汗同伴,请求他们的帮助不就好了吗——虽然她这么想过,但如今已经是马后炮了。相比20年前,现在对偷渡的检查严格上了好几倍,现在想从日本出去,“头”成为了必不可少的存在。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。



最后编辑于:2015-07-19 16:33

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团