2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(8)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
12 1 1
发表于:2015-07-19 16:35 [只看楼主] [划词开启]

そして当然——この20年間、何のヒントも得られはしなかった。

于是当然——在这20年里,她没有得到任何线索。

 

 

今日も無駄な日々が続くのだろうかと、セルティの心に新羅の言葉が響く。

想到今天大概又是一个白搭的日子,塞尔提的心中就响起了新罗说的话。

 

『諦めようよ』

“你放弃吧。”

 

そんなわけにはいかなかった。確かに今の生活に不満があるわけではないが、自分の中に渦巻く、ある感情を抑えるためにはーー真の平穏を得る為には、どうしても自分の首と再開する必要があったのだ。

她怎么可能放弃?的确,她并不是对现在的生活感到不满,但是为了压抑住在自己心中激荡着的某种情感——为了得到真正的平静,无论如何她都必须要再次见到自己的头。

 

信号が赤に変わり、セルティのバイクが無音のままで停車する。その時——道路わきの歩道から、自分に声をかける者の姿があった。

信号灯变红了,塞尔提的摩托车无声地停了下来。就在这时——有一个人从马路旁边的人行道上,对自己说。

 

「あ、セルティ」

“啊,塞尔提。”

 

意識と視界をそちらに向けるとーーそこには、バーテン服を着た姿の男が居た。

把意识和视野都往那边一“看”——那边站着一个穿着酒保服的男人。

 

新羅曰く、『この街で最も名前負けしている男』、平和島静雄だ。

新罗所谓的,“这条街上最名不副实的男人”——平和岛静雄。

 

「ちょっと付き合ってくれないかな」

“可以陪我一会儿吗?”

 

20年前から池袋を走り続けるセルティにとって、彼とは昔からちょっとした交流がある。勿論相手はセルティの正体も性別も知らないが、静雄はそういった類の事は全く気にしない男だった。信号が青に変わると共に路地へと左折し、適当なところでバイクを降りる。

对从20年前就一直在池袋奔波的塞尔提来说,她和他从以前开始就有一些交谈。当然,对方不知道塞尔提的真正身份和性别,静雄是完全不会在意这类事的男人。在信号灯变绿的同时,她左拐进了小巷,在适当的位置下了摩托车。

 

静雄の服は何箇所かナイフで切り裂かれたような痕があり、恐らく誰かと喧嘩した直後だろうと思われる。

静雄的衣服上有几处被小刀划开似的痕迹,让人觉得他恐怕才刚和谁干过一架。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 16:48

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团