2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(9)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
2 1 0
发表于:2015-07-19 16:46 [只看楼主] [划词开启]

静雄の服をこれほど切り刻める人物だとすると、恐らくは折原臨也だろう。そして、まもなく本人の口からその答えが語られた。

说到能把静雄的衣服划到这么烂的人,恐怕就要数折原临也了。然后,不一会儿他本人就说出了答案。

 

「臨也の奴がまた池袋に来ててさ……もう少しでぶん殴れたんだけど、あと一歩のところでサイモンに止められたんだ」

“临也那家伙又到池袋来了啦……我差点儿就能暴打他一顿了,但是就在离他还差一步的时候被赛门挡了下来。”

 

今の言葉だけを聞いていると、静雄は名前通りに大人しいタイプの人間だ。だが、それはセルティが喋らないからだ。

光听现在这段发言的话,静雄的人的确像他的名字一样属于老实的类型。但是,这是因为塞尔提不会说话。

 

静雄は些細な事ですぐにキレる。言葉に対して苛立ちや怒りを感じるタイプのようで、おしゃべりな人間を相手にすればするほど態度が横柄になる。一度新羅と会話する静雄を見た事があるが、まるで爆発寸前のダイナマイトを扱うかの勢いであった。

静雄很容易为了一些小事就发火。他似乎对说话感到焦躁或者愤怒的那种人,越是面对喋喋不休的人,他的态度越是傲慢无礼。她曾经见过一次在和新罗说话的静雄,他的气势简直就像是拿着马上就要爆炸了的炸药一样。

 

特に理屈をこねくり回す人間が大嫌いで、折原臨也とは昔から犬猿の仲であった。また、臨也も理屈が通じない相手を苦手としており、まさしく互いにいがみ合っているような状態だ。

他尤其讨厌到处找借口的人,所以和折原临也从以前开始就水火不容了。另外,临也也对讲不通道理的人感到头疼,真的就像双方八字不合一样的状态。

 

臨也が新宿に引っ越すまでは、毎日のように60階通りで喧嘩をしており、サイモンがその喧嘩を無理矢理収めて自分の寿司屋に連れて行くという事の繰り返しだった。

直到临也搬去新宿之前,他们都一直重复着先在60阶大道上大吵大闹,然后被赛门强行制止,硬拖去自己的寿司店的每一天。


上一页   下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 16:52

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团