2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(12)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
1 1 0
发表于:2015-07-19 16:59 [只看楼主] [划词开启]

ーーそして、彼女はその場に凍りついた。

——然后,她僵立在了当场。

 

自分の記憶に僅かに残る、湖や民家の窓に映った自分の顔。

那些许残留在自己的记忆中的,映照在湖面或者民家窗户上的自己的脸。

 

闇のような黒髪が目に軽くかかる、己の心に刻み付けたその顔がーー道を歩くパジャマの女の首の上に載っているではないか!

黑夜般的黑发轻轻扫到眼前,刻在自己心上的那张脸——就在穿着睡衣走在路上的那个女人的脖子上!

 

セルティは感情を一気に爆発させ、飛ぶように駆け出した。それを見た静雄も何事かとばかりに後に続いて女のもとに向かっていった。

塞尔提的情感一口气爆发出来,她飞一般地冲了出去。见到此景的静雄也想着发生什么事了,就跟着她朝女人那边跑去。

 

フラフラと歩く女の手を掴み、勢いよくこちらに振り向かせる。女は驚いたように息を呑むと、狂ったような声を上げてセルティの手を振り解こうとする。

她一把抓住走得摇摇晃晃的女人的手,用力把她拉回身来对着自己。女人吓得倒吸一口凉气,疯狂地大喊着甩开了塞尔提的手。

 

「やッ……ぁっぁあぁあぁ、イヤァァァアアアッ!」

“不……啊啊啊啊,不要啊啊啊啊!”

 

周囲の目がセルティ達に注がれるが、セルティは興奮していてそれに気付いていない。ただ、顔を良く見せてくれと伝えたかったのだが、この状況ではPDAを出すこともままならない。

周围的视线集中向了塞尔提两人,然而塞尔提兴奋得没有注意到这些。她只是想要告诉她“让我看看你的脸”,但在这种情况下她不能如愿拿出PDA。

 

「あー、落ち着いてください。俺達は別に怪しいもんじゃないから」

“啊,冷静一下。我们又不是什么可疑人物。”

 

静雄が助け舟を出そうとして近づいて行った。彼は何とか少女を落ち着かせようと、肩に手を置こうとしたのだがーーーー

静雄想要帮她一把便走了过来。他想先怎么让少女冷静下来,就把手搭在了她的肩上,但是————

 

ドスリ

噌~

 

刹那、彼の腰に衝撃が走った。臀部の下、太腿の辺りに何か強い違和感を感じ、冷たさと熱さが同時にズボンの奥に侵入してきた。

一瞬间,他的腰部受到了攻击。他觉得在臀部的下面,大腿的附近有强烈的违和感,冰冷的东西和灼热的东西同时渗进了裤子里。

 

「あ……?」

“啊……?”

 

静雄が振り返ると、そこにはブレザーを着た青年が立っており、身を屈めながら静雄の太腿に何かを突き立てている。

静雄回头一看,身后站着一个穿着西装夹克的青年,他弯着身子把什么东西扎进了静雄的大腿里。

 

それは、何処にでも売っているような事務用のボールペンだった。見ると青年の鞄が半分開いており、どうやら自分のペンを取り出して静雄の腿に突き刺したようだ。

那个东西,是一支似乎从哪儿都能买到的办公用的圆珠笔。一看之下,青年的书包半开着,大概他是掏出了自己的笔刺进了静雄的腿里。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:04

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团