2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(24)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
7 1 0
发表于:2015-07-19 17:44 [只看楼主] [划词开启]

このような事をストレートに尋ねて良いものか迷ったが、やがて決意したようにセルティはキーボードに指を躍らせる。

虽然她犹豫这种事直接询问好不好,但最塞尔提仿佛下定决心一般,手指在键盘上敲了起来。

 

『新羅は、本当に私の事が好きなのか?』

“新罗,你真的喜欢我吗?”

 

それを読んで、新羅は大げさに天井を仰ぎ嘆いた。

看到这里,新罗夸张地仰天长叹道:

 

「何を今更!? あああ、心に哀を思えば涙双眼に浮かぶとはよく言ったものだ。そして今の僕の悲しみは君に今までの言動を信じてもらえていなかったという事じゃない。君に僕の愛が伝わらない事が悲しいんだ」

“都现在了还问这个!?啊啊啊,这就是所谓的哀从中来,泪湿双眼吧。而且我现在的悲哀不是我至今为止的言行都不被你相信。我悲哀的是我的爱竟然没有传达给你这件事。”

 

『私には首が無いぞ?』

“我没有头的哦?”

 

「俺は君の中身に惚れたんだって。よく言うだろ? 人間は顔じゃないって」

“所以说我爱上的是你的内在。人们不是常说'人不能只看外表'吗?”

 

『私は人間じゃない』

“我不是人。”

 

ーー自分は結局人間ではない。ただ、人間を模しているだけの化物だ。だが、首と共に記憶を失った今となっては、自分がなんなのか、何の為に生まれ、存在しているのだろうか。

——自己终究不是人类。只是模仿着人类的怪物。但在随着失去头一起失去了记忆的如今,自己又是什么呢?为了什么而生存,又为了什么而存在呢?

 

複雑な想い、伝えきれない思い。心の中に渦巻くものは無数にあったが、パソコンの画面上には単純な言葉の組み合わせだけが浮かび上がる。

复杂的心情,说不尽的忧虑。尽管有无数的东西在心中激荡,但电脑屏幕上只能浮现出单纯的文字组合。

 

『お前は怖くないのか? 人間以外に好意を持つ事が、自分とは物理法則すら異なる化物に対して、どうしてそんな事が言える?』

“你不会害怕吗?对人类以外的生物,对你而言甚至与自然法则相悖的怪物心怀好感。为什么你能说出这种话?”

 

パソコンの文字列の勢いが早くなる。それに対応するかのように、新羅も声の調子を強くしていった。すると、新羅は少しだけ呆れたような声を上げる。

电脑上文字列出现的势头更快了。仿佛回应它一般,新罗的语气也变得更加坚定。于是,新罗新罗用只是有点惊讶的声音说道。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:49

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团