2015.07.20【日译中】アリスメア・第一章2-7

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
11 1 2
发表于:2015-07-20 10:05 [只看楼主] [划词开启]


Alice mare (アリスメア)
【著】△○□×(みわしいば)
手打搬运 请勿随意转载





 僕の視線を追った先生は、何かを理解したようにゆっくりと腰を上げると、そのまま扉に近づき勢いよく開ける。そこにいたのは四人の子供達だった。全員、僕と同じくらいの年齢に見える。
  老师顺着我的视线看了过去,然后像是明白了什么似的缓缓起身,慢慢走进那扇门然后猛地拉开。门外有四个小孩,大家看起来都和我差不多大。

 ヤベッと声を漏らした一人の少年がその場から逃げようとしたが、あっけなく先生に捕まってしまう。少年と一緒にいた残りの三人は、皆少女だった。
  一位少年不自觉地喊了句“糟了”拔腿想要溜,却一下子被老师逮住了。和那位少年在一起的其余三人都是女孩子。

「話し終わるまでは部屋に居るようにって、僕は言ったんだけどな」
 “我告诉过你们,在谈话结束之前要一直呆在房间里的吧”

 先生は、呆れ気味にため息を吐いた。
  老师像是有些无奈地叹了一口气。

「見に来るなって言われたら、見に行きたくなっちゃうじゃん。なあ?」
 “你叫我们不要来看,反而让人想来嘛。是吧?”

 銀髪の少年が、背伸びをしながらそう他の子供達に問いかける。
  银发少年踮着脚向其他孩子问道。

「うん! だって、気になっちゃったんだもん。新しい子がくるって聞いたら、わくわくしちゃうじゃない!」
 “嗯! 因为我们很在意嘛。听说有新的孩子要来,都很激动呢!”

 赤紫色のメッシュが入った白髪が印象的な少女がその問いに答える。
  一位少女接话道,挑染了紫红色的白发给人留下深刻映象。

 その奥で、茶髪の少女が戸惑いながらこちらを見つめていた。こちらも見つめ返すと、体をびくっと震わせて隣にいた黒髪の少女の後ろへと隠れてしまう。黒髪の少女はその子に代わるように、無言でこちらを見つめ返した。
 后面有一位褐色头发的女孩子犹犹豫豫地注视着我。当我也盯着她看的时候,她吓得抖了下身子,然后躲到了旁边那位黑发少女的后面。于是,那位黑发少女像是在代替褐发女孩一般,无言地盯了回来。

 ……何か気に障るような事でもしてしまっただろうか。早くも先行きが不安になる。
  ……我做了什么得罪她的事情吗?这里的生活还没正式开始,我就已经感到不安了。

 先生がパン、と手を叩き僕たちの注目を集めた。
  老师啪地拍了一下手把我们的注意力都吸引了过去。

「仕方が無い。もうすぐ夕食の時間だし、食事が出来るまで君達はここでアレン君に色々と教えてあげてはくれないか」
 “真拿你们没办法。不过马上就要到晚餐时间了,在晚饭做好之前,你们能不能在这里把各种你们所知道的事情教给艾伦呢”

「えー、それはめんどうくさいな」
 “诶——,好麻烦啊”

 銀髪の少年はそう言って、不満げに口を尖らせる。
  银发少男有些不满地拉高了嗓音。

「……君達の方がここで先輩だからね。皆、アレン君のお兄さんやお姉さんだ。だから、アレン君の事は任せたよ」
 “……在这里你们才是前辈哦。大家都是艾伦的哥哥姐姐。所以,艾伦就拜托给你们啦”

 先生は微笑んで少年にそう諭す。少年の方も、満更ではなさそうな顔をしてニヤけていた。……扱いやすそうな子だな。
  老师微笑着教导那位少年。少年也一副忸怩的样子,似乎并非一定不情愿。……好像是个很好对付的孩子呢。



◇大家。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团