2015.07.20【日译中】伝え合い-1

九尾鱼儿 (巴克)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译心传心
3306 34 3
发表于:2015-07-20 11:50 [只看楼主] [划词开启]

伝え合い

相互沟通

西江雅之

西江雅之

一九六〇年代に入ったばかりのころの話だが、北東アフリカのソマリアという国の奥地で、わたしにはいっさい分からない言葉を話す数人の青年に行き会ったことがある。彼らはどの地方から来た者なのかはおろか、視界が充分にきくその砂漠の中の、いったいどこからこつぜんと涌き出て来たのかすら分からなかった。気がついてみたら、角ばった顔をした精悍な裸体の男たちが手に手に槍を持って、まるで冒険映画の一シーンそのままにわたしを取り囲んで、ロ々に何か言っていた。

那还是大概刚刚进入1960年代时发生的故事,我来到位于非洲东北部的被称作索马里的地方腹地,遇到了几个根本听不懂在说什么的年轻人。别说他们来自哪里,在这视野辽阔的砂漠中,就连究竟忽然从哪里冒出来的我也不清楚。之所以会让人在意,是因为他们棱角分明的脸、赤裸着精悍的身体,各自的手上端着枪,就像冒险电影的画面那样围住我,嘴里还在说着什么。定睛一看之下,这群长着棱角分明的脸、赤裸着精悍身体的男人,各自手上端着枪,就像冒险电影里的某个情节中演的那样,把我团团围住,嘴里还在说着什么。

しかし、それでもわたしは恐ろしくもなかったし、危機感も抱かなかった。そうかといって、その初対面の砂漠の男たちに特別な親しみを感じたというわけではもちろんない。ただ、少なくとも不安感のようなものは持たなかったように思う。簡単なあいさつを顔や動作で交わした後、わたしは彼らの小屋までついて行き、そこで羊の脚肉を食べさせてもらったり、らくだのミルクを飲ませてもらったりした。

但是,就算如此惊险我也并未惧怕,丝毫不抱危机感。说着这样啊,说了句:这样啊 话虽如此,(并不惧怕)当然不是同这些初次见面的沙漠中的男人们有特别亲切的感觉。只是认为不能有慌乱的样子而己。简单的表情,动作交流问侯之后,只是并没有感觉到不安用表情和动作进行了简单的交流之后 我被带到了他们的小屋我跟着去了他们的小屋,他们招待我吃羊腿,喝骆驼奶。

その時に、その場で出会った一人の老人の言葉が、妙に印象深くわたしの頭に残っている。老人はイタリア語を少々話し(ソマリア南部は旧イタリア植民地)、彼だけがわたしとは言葉が通じた。そこで、その老人は青年たちとわたしとの間をとりなす役割を果たしてくれることになった。

那时候,在那里遇到的一位老者的话,奇妙的在我脑中留下了深刻的印象。老人会说一点意大利语(索马里南部旧时为意大利殖民地),只有他能跟我语言交流。于,这位老人就成了青年们与我之间交流的桥梁。
rところで、あんたの住んでいた所には羊がいるかね。』

请问,你所住的地方有羊

砂漠の上にごみくずのように散らばる十数頭の羊以外には、食べられそうな物は青草一本見えないやせた大地の上で、老人はぼつりとわたしに尋ねた。

沙漠上除了像纸屑一样散着十几头羊外,看起来能吃的东西连根草也没有的大地上,老人时不时的问我些问题。

「いや、日本という所には羊はほとんどいませんよ。」

没有,在日本这样的国家,几乎没有羊呢。

わたしは老人の質問をそれほど深く考えずにこう答えた。

我对老人的提问并未多想就脱口而出。

老人はその言葉を、わたしが知らない言葉に訳して周囲の人々に伝えた。すると、そこに集まっていた人々が急になにやら心配そうな表情で、ごそごそと話し合いを始めたのだった。後になって分かったことだが,そこでは羊だけがほぼ唯一の食べ物であってみれば、羊がいないという笞えは食ベ物がなくなってしまっているという意味そのものなので、彼らは'、わたしが既に食糧の尽きた故郷を捨ててその土地まで流れて来たと思っていたのだった。

老人将这句问话译成我听不懂的语言传达给周围的人们。于是,聚在一起的人们不知为何突然满脸担心的样子,开始吧啦吧啦的议论起来。我后来才明白,从这里基本上只有羊是唯一的食物这点来看的话,回答没有羊就意味着连食物都没有,他们认为我舍弃了连食物都没有的故土颠沛流离来到他们的土地上。


最后编辑于:2015-07-24 11:43

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (34) 回复 反向排序

  • 3

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团