2015.07.20【日译中】使命と魂のリミット(18)

xumin233 (xumin) 译坛新宠
11 1 0
发表于:2015-07-20 21:34 [只看楼主] [划词开启]

頷きながらも夕紀は複雑だった。西園が優れた医師だということは彼女もわかっている。

点头的同时,夕纪的心情也很复杂。她也知道西园是个很优秀的医生。

しかしそれだけに釈然としない思いがあるのも事実だった。

但事实是,存在一个仅凭此理由无法释然的回忆。

それほどの名医がなぜー。

这么的名医为什么。。

なぜ自分の父親だけは救えなかったのだろう、と思ってしまうのだった。

为什么没能拯救自己的父亲?

父親が気弱になった顔というのを、それまで夕紀は見たことがなかった。

父亲虚弱的脸色,夕纪一次都没有见到过。

健介は冷静で感情を表に出さないタイプだったが、真っ直ぐに結んだ口元からは、いつも無言の自信が感じ取れた。

健介是那种不会冷静地表达自己感情的类型,直来直往的口气里,总是能感受到一股无言的自信。

一緒にいて頼もしく、しっかりと守られている感覚があった。

在一起时,觉得很可靠,有种实实在在被保护着的感觉。

実際彼は人を守る仕事に就いていた。警備会社で主任をしていた。

事实上,他的工作就是保护他人。他曾经是警卫公司的主任。

夕紀は小学生の時に一度だけ、職場に連れていってもらったことがある。通信機やモニタがずらりと並んだ部屋だった。

夕纪还是小学生时,曾经有一次被带到工作单位的经历。房间里的通信机和屏幕整齐地排列着。

契約している建物や家からの情報を管理しているのだと父は説明してくれた。

父亲说,在这里管理着签了合同的建筑物和家庭的信息。

制服を着ている父は、いつもよりも一層頼もしく見えた。

穿着制服的父亲,看上去比平时更加可靠。

警備会社に入る前は警察官だったらしい、しかしその頃の記憶は夕紀にはない。

进入警卫公司之前好像是警察,但是夕纪没有那个时候的记忆。

警察を辞めた理由は、激務だから、というものだった。母の百合恵からはそう聞いている、

辞掉警察工作的原因是,工作太繁重。妈妈百合慧好像是这样听说的。

だが警備会社の仕事が楽だとは決して思えなかった。健介の帰りは遅く、休みの日などは、昼過ぎまで鼾をかいて寝ていた。

但是警卫公司的工作绝对不是很轻松的。健介下班很晚,休息日的时候,都能打着鼾睡到过中午。

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团