2015.07.21【日译中】ビブリア古書堂の事件手帖 第一話 夏目漱石『漱石全集・新書版』(19)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
17 2 0
发表于:2015-07-21 16:00 [只看楼主] [划词开启]

「……うちの近所だけど」

“……就在我家附近啊。”

 

 彼女の表情がぱっと明るくなった。

  她的表情一下子变得明朗起来。

 

「だったらこの本を病院に持っていってもらえませんか? あたしから連絡しときますから、その場で鑑定してもらえますよ!」

“那么可以帮我把这本书拿去医院吗?我会提前给他打电话,她能当场帮你鉴定哦!”

「えっ」

“诶?”

 

 病院に押しかけて古本を鑑定してもらうなんて聞いたことがない。第一、この店には一銭の儲《もう》けにもならない頼みなのだ。あの強面《こわもて》の店主が聞いたら怒り出しそうだった。

  从没听说过有人追到医院去让别人鉴定古书的。首先这个委托就不能让书店赚一分钱。要是让那个冷面店主知道了的话大概会大发雷霆的吧。

 

「いや……そこまでしてもらわなくても……」

“不……不至于做到这个地步……”

 

 彼女はもう携帯電話を開いて猛然とメールを打っていた。俺の話をまったく聞いていない。あっという間に送信して、携帯をしまいながらにっと白い歯を見せた。

  她已经打开了手机猛地敲起了短信,完全没有听我说话。不一会儿就发了出去,一边关上手机一边露出了森森白牙。

 

「メールしときました! これでいつ行っても大丈夫ですよ」

“我事先发好短信了!这下你什么时候去都没关系了哦。”

 

 今さら遠慮しますとも言えない。黙って頷くしかなかった。

  事到如今我也不能说“不用”了,只能默默地点了点头。


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团