求助!!!!《虫师》第二集(内附音频)有几处听不懂的地方(括号部分),求大神指点~谢啦!!!!

天吹 (花華) 路人甲
306 5 0
发表于:2013-07-31 14:19 [只看楼主] [划词开启]

瞼の光



弥紀:おはよう、翠。

翠:おはよう、弥紀。

弥紀:今日はどう、目はまだ痛む。

翠:ね、弥紀。弥紀には教えてあげりね、私、してるの、この病気の原因、虫がいるんのよ、住んでるの、ずっと、私の目の中に。

弥紀:翠は本家の末娘で、半年ほど前、光が当たると目が痛むという病を患った。それは、どこの眼医にも原因のわからんの不思議な病で、治療方法も身につからないうちに僅かの光もひどく痛がるようになっていた。そのため、より光を防ぎる丈夫な倉まる、僕の家に一つ安けられたのだ。それは、翠のためだったのかもしれないけど、僕には翠がここに捨てられていたように見えた。

翠:瞼の裏にね、もう一つ瞼があるの。

弥紀:あっ

翠:そこは絶対に外の光が届かないところで、虫がそこにいるんのよ。

弥紀:二つ目の瞼。

翠:そうよ。弥紀は閉じ方知らないの、じゃ、教えてあげるよ。目を閉じて、

弥紀:うん。

翠:何か見える。

弥紀:何も、あっ、でも何かちかちかしたものが目の中、動いている。

翠:でしょう。一度瞼を閉じかに目はまだその瞼を見ていて、ほんとに閉じていないの、だから、ほんとの真っ暗闇が欲しい時、そのちかちかを見ている瞼をもう一度閉じるの、そうしたら、上の方から、ほんとの闇が降りている。

弥紀:できないよ。


翠:そう、弥紀、ど不器よね。

弥紀:僕たちは深い闇の中で遊ぶ。倉の中へ入ってすぐはほんとに何も見えないけど、しばらくすると闇の向こうからものたちのおお輪郭現してくる。どうして見えるだろう、真っ黒のはずなのに。

翠:地面の下に光の川が流れているからよ。

弥紀:ええ。

翠:二つ目の瞼を閉じると見えるよ、ずっとほんとの闇を見ているとね、遠くの向こうから光の粒が見てきてね。でも、もっと近くで見ようとして近づくと。

銀古:ダメだ、それ以上その川には近づくな。

翠:あったことない知らない人よ、片目の男の人がいつも川の向こう岸にいってそういうの、だから、いつも少し遠くで眺めているの。

弥紀:僕は時々( )不安になる、


塞がれた目で翠が見ているものたちはいったい、いったい何なのだろう。

母:弥紀、あなた、いつも倉の中に長くいすぎだよ。

弥紀:ちゃんと取り換えた包帯は焼いてしてたよ、手も食器も消毒したし。

母:それでも、伝染しない保障なんてないだよ。

弥紀:本家の人たちも、それが怖くて翠を見放したんでしょう、だから、僕らは、

母:わかっている、それはそうよ、あの子はいい子だよ、とても、母さんはそれが経験ないね、あの子が心の中まで光を失ってしまわないように、ついでたあげるんだよ、でも頼むから、お前まであの病になってしまわないで、

翠:ほんと、ここへ、来てくれるの。


弥紀:あっ、なんだ、いまの、まさか、違うよ、違うよ、母さん、

母:弥紀、まだ寝っているの、弥紀!

翠:弥紀、弥紀、どうしたの、

母:弥紀はもう来させないわ、あなたの病気あの子に伝染した、あなたが悪いんじゃないわ、他人に情けなかかけたのが悪かったのよ。

母:誰、雨戸開けったら、弥紀が。

ギンコ:大丈夫ですよ、こちらこの道の専門ですから、治療薬と鎮痛薬を( )

闇に閉じ込め多くと病気は上がっするいっぱいですよ。

母:あなたは何者なんです。

ギンコ:ああ、これは( )虫師のギンコと申します。倉の娘のことを風の噂に聞きましたね、あれは眼医ではなく我々虫師に回してもらわなれば治りませんよ。

母:弥紀はこの子が治るんですか。

ギンコ:ああ、そっちの虫はまだ孵化直後みたいです。薬による治療だけでおそらく効くでしょう。

翠:弥紀、弥紀、弥紀、ごめんね、ごめんね、ごめんね。

弥紀:翠!

ギンコ:目が覚めたか、目はまた痛のか。

弥紀:ううん。

ギンコ:よし、聞いたなあ、翠の病気の原因は眼無暗虫という虫だなあ、闇を通して繁殖する、お前は翠と闇を共有しすぎだなあ。

弥紀:翠を知ってるの。

あれ、

ギンコ:二つ目の瞼を閉じるたびあの子が対岸にいった。あの光の川は地上の光とは異質なものでできている、あまり近くで見すぎると目に毒だ。

弥紀:左目がある、翠の言った片目の人は違わないのかなあ。

ギンコ:日が落ちたら、翠の治療が始める。

弥紀:うん、わかった。


ギンコ:翠、お前、あれほどあの川に入るなど、言ったのに、翠の目玉はもう死んでる。

弥紀:ええっ

ギンコ:だが、なんとかがしている、二つの瞼は長い時間閉じると闇に目玉を食われるだよ、目をゆっくりと開くんだ、


出てこえ、虫、光だぞ。

弥紀:虫?

ギンコ:いった、翠、いいぞ、目を閉じろう。これでいい、さて、あとは翠の目玉だが。

弥紀:虫だ、ほんとに目の中に虫が。

ギンコ:やはりもう使えものにならんな、うまくいくかわからんだ、これを翠にやる、君、先から驚きすぎ、(   、義眼だよ、これはさっきの液状の虫だ、これを引込めばただのガラスでも( )として生命を持ちはずだ。

弥紀:あの、聞いていい、あなたたちが見ていた光の川の正体って、いったい何。


スイ:二つ目の瞼を閉じてご覧、

ギンコ:お前は忘れてしまったのか、それと闇への道路が開く、お前も昔はなんなだったじゃないか、人間は光を手に入れた頃から、二つ目の瞼の閉じ方を忘れたんだという、まあ、それは生きる者としてはよかったのかもしれない、かつて人間はそのものを見すぎたばかりに眼球を失うものが多かったかというから。

スイ:二つ目の瞼、ほんとの闇、異質な光、我々の足の下が向けてすっと下のほうに、光の川が流れているのが見えたんだ。

弥紀:あの虫師さんが翠に眼球を入れたと思う、ちょっとないただけど、すごくきれいで、体がひこまれるみたいでずっと見てたくなった。


翠:できたよ。

弥紀:翠は倉を出た、千木や花や光をたくさん見る、もう、暗闇の中であの不思議な光に魅せられることもないだろう。あの人も翠と同じようにして本物の左目をなくしたんだろうか。

分类: 杂货铺
全部回复 (5)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团