2015.09.19【日译中】羊をめぐる冒険 第六章 (27)

芹1993 (傻啦吧唧二号) 译译生辉
16 0 0
发表于:2015-09-19 15:50 [只看楼主] [划词开启]

雨はまったく同じ強さで降り続いていた。ホテルの窓からは隣りのビルのネオンサインが見えた。その緑の人工的な光の中を無数の雨の線が地表に向けて走っていた。窓際に立って下を見下ろすと、雨の線は地表の一点に向けて降り注いでいるように見えた。

僕はベッドに寝転んで煙草を二本吸ってから、フロントに電話をかけて翌朝の列車を予約してもらった。この街で僕がするべきことはもう何も残っていなかった。

雨だけが真夜中まで降りつづいていた。

雨还是下的跟之前一样大。从酒店的窗户望去可以看到隔壁大楼的霓虹灯。无数的雨线穿过那人工的绿光向地面跑去。站在床边往下看,可以看到雨线向着地面的某一点落了下来。

我躺在床上抽了2根烟后,打电话到前台定了明天清早的火车票。在这个城市,我要做的事情已经完了。

只是雨连续下到了深夜。

 

第六章  羊をめぐる冒険Ⅱ

           寻羊冒险

 1 奇妙な男の奇妙な話(1)(1)

     奇怪的男人说的奇怪的话

 

黒服の秘書は椅子に腰を下ろすと、何も言わずに僕を眺めた。くわしく観察する視線でもなければ、なめまわすような視線でもなく、体を貫(つらぬ)くような鋭く視線でもなかった。冷たくもなければ暖かくもなく、その中間ですらなかった。その視線には僕が知っているどのような種類の感情もこめられてはいなかった。男はただ僕を眺めているだけだった。僕の後の壁を眺めているかもしれなかったが、その壁の前には僕がいたから、結局のところ男は僕を眺めていた。

穿黑色服装的秘书坐到椅子上,望着我什么都没说。不是那种仔细观察的视线,也不是上下观望的视线,更不是那种穿透身体的视线。不冷不热,不温不火。那视线里并没有包含着我所知道的某种情感。也许男人只是望着我仅此而已。也许是在望着我后面的墙,可我站在墙前面,那他应该就是在看着我。

 

男はテーブルの上のシガレット?ケースを手に取ってふたを開け、両切りの煙草を一本つまみ、先端を爪で何度かはじいて整えて、ライターで火をつけると、煙を斜め前方に吹いた。そしてライターをテーブルに戻して足を組んだ。そのあいだ視線はぴくりとも働かなかった。

男人拿起桌上的烟盒把盒子打开,拿出一根不带滤嘴的烟,用手指弹了弹烟头,点燃后吸了一口,向斜前方吐了一口烟。然后将打火机放回桌上翘起二郎腿来。整个过程中视线几乎没有移动过。

 

男は相棒が説明してくれたとおりの男だった。服装はきちんとしすぎていて、顔は整いすぎていて、指はあまりにもすらりとしすぎていた。鋭い形に切り込んだ瞼とガラス細工(さいく)みたいにひやりとした瞳(ひとみ)がなければ、きっと完壁なホモ?セクシュアルに見えたに違いない。しかしその目のおかげで、男はホモセクシュアルにさえ見えなかった。まるで何も見えなかった。誰にも似ていないし、何ひとつ連想させなかった。

男人果然如同事说的那样。衣服整洁的有些过头,脸也是修整地有些过了,手指纤细的不像话。若没有那尖锐形状的眼睑和像经过精加工的玻璃般让人寒战的瞳孔,那他看上去无疑是个完美的同性恋。不过幸好有那些眼睛,让他看起上去压根不像同性恋。如同什么都看不见一般。跟谁都不像,让人没有一丝遐想。


最后编辑于:2015-09-19 15:51

本帖来源社刊

分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团