超详细的形容词和形容动词大剖析!

发表于:2015-09-20 08:00 [只看楼主] [划词开启]

形容词和形容动词,真要作为掌握日语的一个部分摊开来说的话绝对比这篇教程的字数加起来还要多。但是它的变化规则却很简单,学完这一章之后,预期的目的是使阅读者在实・际・阅・读・中・接・触・到形容词和形容动词的时候能够判断出它是这个词性,对它在句中的变化能够理解。 

第1节 形容词 

形容词很好认,它的原型全部都是い结尾的。经过前面动词这一章的学习我们知道,五段和一段动词的词尾都是う段的,而サ变动词后面全部都要加する。这样一来首先我们不会把动词和形容词搞混。 

①去い变く+て连用 
某个形容词跟其他词搭配时的用法 
★新しい 
△この服、新しくて格好いいな。(这件衣服又新又帅。) 
★美味しい 
△この肉まん、美味しくてたまらない。(这包子好吃的没治了。) 
★強い 賢い よい 
△あの男強くて賢くて格好よくていいな。(那个男人又强壮又聪明又英俊,真好。) 
△林檎姉ちゃんは優しくて可愛くて声が素敵。(苹果姐姐又温柔又可爱声音还很甜。) 

②终止型 
加表示判断的助动词だ(简体)或です(敬体)完成对某个事物的形容叙述。口语中也可以直接用原型。 
★美味しい 
△このケーキ美味しい!(这个蛋糕真好吃!) 
△あの店の料理はすごく美味しいですよ。(那间店的饭菜非常好吃的哦。) 
★暗い 
△わぁ、暗いですね~(哇,好暗) 
△この坂道真昼中もちょっと暗いだよ。(这条坡道大白天也挺暗的。) 

③否定型去い变く+ない 
★高い→高くない 
△ダンバインの身長は高くない方だ。(旦拜因的身高算是不高那类。) 
★難しい→難しくない 
△この宿題難しくないのか。(这道作业不难吗?) 

④过去时 去い+かった 
表示对某个事物进行评价,而受到评价的对象体存在于过去的时间。 
★うまい→うまかった 
△あのパンは美味かったな。(那个面包真好吃。) 
★面白い→面白かった 
△あのサーカス団面白かった。(那个马戏团很有趣。) 
★辛い→辛かった 
△あの戦いは辛かった。(那场战争很艰苦。) 

⑤推量去い+かろう (敬体不用变化,原型直接加でしょう) 
★寂しい→寂しかろう→寂しいでしょう 
△この無人島で5年も暮らしたか。さぞや寂しかろう。(在这个无人岛上呆了五年,一定很寂寞吧。) 
△一人ぼっちじゃ寂しいでしょう?(一个人会很寂寞的吧?) 
★高い→高かろう 
△この山がどんなに高かろうと、登ってみせる!(这山再高我也要爬上去!) 

⑥变化型 去い变く+なる 
指某个事物向某种倾向发展、变化。 
★安い→安くなる 
△近頃野菜が安くなりましたね。(最近青菜便宜了。) 
★強い→強くなる 
△三年前より強くなったな。(你比三年前变强了。) 
★明るい→明るく 
△ちょっと部屋を明るくしよう。(把房间弄亮点儿,) 
★赤い→赤く 
△血で床は一片赤くなった。(血让一大片地板染红了。) 

⑦え音变 
前面讲提到过一下,形容词有え音变。这是一种口语比较俗的说法。此外经常用于表示强烈的感叹。 
变形方法为去い后的词尾变成え段,再拖长(后面的小ぇ就是把e这个音拖长的意思) 
★うるさい→うるせぇ 
△うるせぇ!俺一人でも行ける!(罗嗦!我一个人也能行!) 
★やばい→やべぇ 
△おいおい、これはやべぇじゃねぇの。(喂喂,这不太妙吧。) 
★凄い→すげぇ! 
△すげぇパワーだ!(好厉害的能量!) 
★強い→つえぇ 弱い→よえぇ 
△強ぇ奴は強ぇ、弱ぇ奴は弱ぇ。(强的只会更强,弱的只会更弱。) 
★怖い→こえぇ 
△怖ぇ!何じゃありゃ!(好可怕!那是什么东西!) 

⑧省い 
很简单,也是一种口语的用法。就是把い去掉。根据个人喜好,去掉い后可以加促音,增加发音时收尾的力度,来加强语气。 
★怖い→こわ 
△お~こわっ。(哦,我好怕啊!) 
★美味い→うまっ 
△うん、これうまっ!(嗯,这个好吃!) 
★痛い→いた 
△あ、いた。(啊,痛。) 

⑨在长句中断部分去い变く,直接停顿或连接下一个词语。 
★優しく、力強い声が伝えてきた。(温柔而有力的声音传来了。) 
★美しく明るい未来のために頑張ろう!(为了美好光明的未来而奋斗吧!) 
形容词的假设、判断、传闻 

①假设去い+かったら(ければ) 
★もっと安かったら買ったのにな。(要是再便宜一点儿就买了。) 
★美味しかったら沢山買いましょう。(要是好吃的话就买它一堆。) 
★勉強が辛かったら少しぐらい休もう。(要是学习太辛苦就稍微休息一下吧。) 
★欲しければくれてやるさ。(想要就给你。) 
★もっと早ければ間に合えたはず。(要是再早点就能赶上了。) 

②判断 原型+よう、去い+そう 
★あのドレス高そうですね。(那裙子好像很贵、) 
★あのドレス高いようですね。(那裙子看起来好像很贵。) 
★美味しそうなケーキだよな。(这蛋糕看起来很美味。) 
★このケーキすごく美味しいようだ。(这蛋糕看来很好吃。) 

③传闻 过去时+そう,简体终止型+そう(原型+だそう) 
★裏山の森は昼間でも暗いだそうです。(听说后山的森林大白天也很暗。) 
★森田の話じゃ夕べの料理まずかったそうですね。(听森田说昨晚的饭菜很难吃。) 
★花子さんが登った山は高かったそうです。(听说花子登的那座山很高。) 

其他一些与副词搭配的情况


日语中的副词十分多,熟练掌握大量副词,能使语言变得更加多姿多彩。 
由于这个入门教程里没有讲副词,现在举例说几个副词与形容词的搭配,让大家有个概念。 
★かれ~かれ(形容词去い后接かれ) 
△遅かれ早かれ、あの男は悪魔になちまう。(那个男人迟早要变成恶魔。) 
★たり~たり(过去时加り) 
△月面の気温は寒かったり暑かったり、機体のクーラー性能が悪いパイロットにとって辛いんだ。(月面气候忽冷忽热,对于机体空调性能不好的驾驶员来说很艰苦。) 
★し~し(原型直接加) 
△頭も痛いし、体もだるいし、参ったな。(头又痛身子又发懒,真难受。) 
★ぽい(去い促音后接),表示某种气氛看起来相当强烈。不过它也可以用在名词后。 
△あの安っぽいバイクはお前のか?(那辆土了吧唧的摩托车是你的?) 
安い是便宜的意思,便宜的气氛很重,即一看就觉得是便宜货。 
△50というのに子供っぽいやり方ばかりしやがって、気持ち悪い野郎だ。(那SB都五张的人了办事还跟个小孩似的,真TM恶心。) 
△うわ、姉さん、今日は格別に色っぽいじゃないか!(哇,姐,你今天好性感哦!)


第2节 形容动词 

形容动词的共同特征就是它的词干后面都通过加だ或者です来保持一个终止型的状态。比如好きだ(好きです)、嫌いだ(嫌いです)。 
没有だ或です的话,一般来说形容动词的词干是不直接使用的。在口语中,形容动词的词干可以直接跟一些语气助词连接后使用: 
★静かだ→静か 
△ここって静かね。(这儿真安静。) 
★十分だ→十分 
△これで十分よ。(这样就够了。) 
另外形容动词里有一部分可以当名词用,而在作为形容动词使用的时候遵循【形容动词变化规则】 

还有一些名词,加上【的】之后就变成形容动词,同样遵循【形容动词变化规则】。 
看看例子: 
積極的に 消極的に 科学的な 世界的な 優秀的な 傲慢的な 豪華的な 

形容动词和动词不一样,时态种类很少。 
1:现在时(也就是终止型) 
直接加です、だ。 
2:过去时 
加でした、だった。 
3:否定型 
加ではありません、ではない 
4:推量型 
加でしょう、だろう、のよう、らしい、なら。 

下面是一些形容动词加助动词だ、です后的时态变化运用


★ええ、当然です。(是的,当然。) 
★ここは賑やかですね。(这个地方真热闹。) 
★彼の行いは正当だ。(他的行为是正当的。) 
★その方が妥当だと思います。(我觉得那样比较妥当。) 
★警備が思ったより厳重でした。(警戒比想象中还要森严。) 
★あの時は本当にラッキーだったぜ。(那个时候真走运。) 
★この計画は万全ではありません。(这个计划不够周全。) 
★あなたの証言は明白ではない。(您的证言不够清楚。) 
★あの子の事、好きでしょう?(你喜欢她(他)吧?) 
★そこならかえって危険だろう。(那个地方反而更危险吧。) 
★あいつは紀代子のことが好きらしい。(那个家伙好像喜欢纪代子。) 

其他用法 

①+な充当状语后接体言 
★好きだ→好きな 
△好きな女がいるか?(你有喜欢的女人吗?) 
★十分だ→十分な 
△六割でも十分な威力だ。(只四成也有足够的威力。)(日语里的十分比的【割】的含义:割掉了六成,那当然就剩下了四成了。同样商店里【三割】就是打七折的意思。) 
★確かだ→確かな 
△それは確かな情報か。(这个情报可靠吗?) 

②+に充当状语后接用言。(加に后可以在口语后直接独立用于表达祈使、轻微命令的意思,类似动词的+て连用型) 
★静かだ→静かに 
△静かにしてくれないか。(能不能安静点儿啊。) 
△静かに!(安静!) 
★迅速だ→迅速に 
△戦況を迅速に報告したまえ。(迅速报告战况。) 
★穏やかだ→穏やかに 
△彼女は穏やかに両方の怒りを治めた。(她得体地平息了双方的怒火。) 

③+で表示停顿,或直接继续后接其他词语。 
★この部屋は不便で狭いな。(这个房间又狭窄又不方便,) 
★質朴で平和な村だな。(真是个质朴和平的小村。) 
★旅行が嫌いで、5年も遠くへは行かなかった。(我讨厌旅行,5年没出过远门了。) 

④啥也不加也能直接用,类似形容词省略终止型助动词だ、です直接表达肯定、陈述语气。 
★君の事、好き。(我喜欢你。) 
★まあ、素敵。(啊,真好。)


形容动词的假设、判断、传闻 

①假设 词干+だったら、だとしたら 
★そこがそんなに静かだったら一度行って見たいですが。(要是那里真的那么安静的话我倒是想去见识一趟。) 
★この兵力で十分だとしたら心配することは無い。(要是这个兵力足够了就没什么可担心的了。) 
★君の主張が本当だとしたら、ここはもう安全じゃない。(要是你说的是真的,这里已经不安全了。) 
★彼女が幸せだったら泣くなんかしなかったよ。(她要是幸福的话还会哭吗?) 

②判断 词干+の+よう 
★このマシンの構造はすごく簡単のようです。(这个机器的构造看起来很简单。) 
★この橋は危険のようです。(这条桥看来很危险。) 
★外見から見ればあの人は親切のようだ。(这个人从外表看起来很热心。) 
★噂は本当のようです。(看来流言是真的,) 
★やっぱり一人の力では無理のようですね。 

③传闻 终止型+そう 
★昨日の爆発事件は本当だそうですよ。(听说昨天的爆炸事故是真的。) 
★その公園は綺麗だそうです。(听说那个公园很漂亮,) 
★今の彼女は幸せだそうだよ。(听说她现在很幸福。) 

其他 
こんな そんな あんな どんな 
其实这几个家伙在语法学上是定性为【连体代词】,不过因为它的接续法很像形容动词,所以放在这里一并讲一下。 
①こんな(这样的) 
★こんな事件俺も初めてだよ!(这种事儿我也是第一次遇到!) 
★こんなに疲れたなんて初めてだ。(头一遭累成这样。) 
②そんな(那样的) 
★そんな真似はよせ!(快给我停止那种愚蠢的行为!) 
★じじ、そんなに行きてぇか。(老鬼,就那么想死吗?) 
这是【地獄に行きたい】【想下地狱】的省略说法,表示【想要做什么】的助动词【たい】经过【粗俗口语え音变】。 
☆そんな特殊用法 
在口语中很常见,单独使用,表示比较强烈的【意外、吃惊、愤慨、悲伤】等情绪,很像英语中的【Oh no!】 
★そんな!優子さんが死んだなんて!(什么!优子小姐居然死了!) 
★そんな・・・・・・・あのお方が・・・・・・信じられない。(不会的.....那位先生竟然......难以置信。) 
③あんな(那样的) 
★あんな小僧が大探偵だと?(那种小鬼是大侦探?) 
★あんなに頼んでも断られた。(那么【低声下气】的拜托【他】还是被拒绝了。) 
④どんな(怎样的) 
★どんな嵐が来ようと僕らは前へ進む。(不管怎样的暴风雨来袭我们都会向前进。) 
★どんなにあがいても無駄だ。(再怎么挣扎也是没用的。) 
そんな和あんな的区别  
经过上面的例句我们知道,こんな是“近指”,そんな和あんな是“远指”,どんな是疑问。 
其中そんな这个远指,一般来说是代表所指对象离说话的人远,但是离听话的人近。而あんな则离说话人和听话人都远。比如事情就发生在自己身上或自己身边,叙述的时候用こんな。发生在对方的身边、或引用对方刚才所说的话进行评论,用そんな。而事件发生的地方离两者都远,或者牵涉到第三者,则用あんな。 

其他同类型的代词 

こう そう ああ どう(这样 那样 怎样) 
★こうなるかと思ったぜ。(我就猜到会这样。) 
★この体がこうにも老いぼれて、君たちにはもう付いていけないわい。(我的身体老成这样,已经跟不上你们了。) 
★そうですか?(是吗?【是那么一回事吗?】) 
★そうにも見えませんが。(看起来不像那么回事。) 
★そうはさせない。(你休想。)(直译:你那【事情】我不让你如意。) 
这是一个特殊,こう、ああ、どう在口语中都没见过有像そう这样可以直接指代对方的一个完整的事件,本身变成名词的性质直接与は连接。 
★あの時はああするしかないだろう。(当时只有那样做了。) 
★どうだ、この一発の味は!(怎么样,我这一拳的滋味!) 
★どうにかできないのか?(就没有办法了吗?) 

こういう そういう ああいう どういう(这样的 那样的 怎样的) 
跟【こんな そんな あんな どんな】相比,这种的语气没那么强烈。【な系列】往往用来表达较强烈的主观情绪。 
这里没有加に的用法。 
★分かるか?こういう事だ!(懂吗?是这么回事!) 
★そういう事情があるならもっと早く言え。(你有那种情况应该早点儿说。) 
★ああいう意外は誰にも予測できませんよ。(那种意外谁也无法预测。)
★これはどういう意味ですか?(这是什么意思?) 

これ それ あれ どれ(这 那 哪) 
★これはささやかな気持ちです。どうかご遠慮なく。(这是一点小意思,请笑纳。) 
★これはこれは、アルカード様ではありませんか(哎呀呀,这不是阿尔卡德大人嘛。) 
☆これはこれは这个连续重复的用法,在口语特别用于两个熟人见面的时候亲昵的打招呼,有一种看到对方很惊喜的感情色彩。 
★それもあんたの仕業か。(那也是你小子干的好事儿?) 
★それだけはさせん!(做你的白日梦!)(直译:就你这事儿我决不让你得逞) 
★それにしても本当に危なかったぞ。(不过真是太危险了。) 
★あれは神のみぞ知る。(天知道。)(直译:那只有神才知道) 
★お前の作品はどれか。(你的作品是哪个?) 
★服はどれにしますか?(选哪件衣服?) 
★ほほ、どれどれ、見せてくれ。(呵呵,是吗,让我看看。) 
☆どれどれ这是在对方怀着某种热情向你介绍一个什么东西的时候,你表示很感兴趣并且希望马上看看所使用的说法。 

ここ そこ あそこ どこ(这里 那里 哪里)注意是あそこ,没有“あこ”的说法 
★ここはどこですか?(这是哪儿?) 
★ここまで頑張って来て諦めてたまるか!(努力至今怎能放弃!) 
★あそこには天国がある。(那里是天堂。) 
★どこにでも私がいるの(我无处不在) 

こちら(こっち) そちら(そっち) あちら(あっち) どちら(どっち)(这边 那边 哪边) 
ら结尾的说法比较稳重,促音っち结尾为口语随意用法。 
这几个代词的用法,通常用于两种:一种是实际的方位、方向的指代,另一种是指代对话双方本人或各自代表的某个团体或组织。 
★どうぞこちらへ。(请到这边来。) 
★こっちこっち!(这边这边!) 
★申し訳ありませんが、こちらにリチャードという人はおりません。(很抱歉,我们这里没有人叫理查德。) 
★こちらエックス、どうした。(我是X,发生什么事了?) 
★そちらの状況を報告しろ!(报告你们那边的状况!) 
★そっちも先ほど調べたが、何の手がかりも見つからなかった。(那边刚才也调查过了,什么线索也没发现。) 
★あっち行ってろ!(滚开!)(用命令型叫对方走到【远远的那边】,那当然就是【滚开】的意思了。) 
★済みません、あの、新宿駅はどちらへ行けばいいですが。(您好,那个,请问新宿站往哪边走?) 
★だから13エリアってどっちだというんだ?(那到底13地区在哪边啊?)

このかた(这位) そなた(你) あなた(您) あのかた(那位) どなた(哪位)=だれ(谁) 
没有こなた的说法,要介绍【这位】的时候只能用【人】的敬体【方】。而そなた和あなた都是比较尊敬的【你】的说法,只不过そなた只能对晚辈、部下之类的用,属于对下用语中的礼貌语。而あなた是很常用的,基本可以相当于【你】了,但还是有【您】的味道。使用限制几乎没有,你乐意的话可以用它指代一切对象来显示你这个人很有涵养。 
★この方は碇司令です。(这位先生就是碇司令。) 
★そなたもとうとう一人前になったな。(你也终于能独当一面了。) 
★あなたは最低です。(您这个人真是太差劲了。) 
★えっと・・・どなたですが?(呃...请问您是哪位?) 
どなた的使用方法跟代词【谁】是一样的,只不过更尊重对象。 

こいつ そいつ あいつ どいつ(这家伙 那家伙 哪个家伙) 
蔑称【やつ】(奴)的指向性代词。 
★こいつめ、案外手強い!(这家伙竟然这么厉害!) 
★そいつがあのパイロットか。(那小子就是那个机师吗?) 
★あいつの話など信用できない。(那家伙的话信不过。) 
★俺に水をかけたのはどいつだ!(是哪个家伙朝我泼水的!) 
★こいつもどいつも。(没一个像样的) 
这句话解释起来比较复杂:直译的话就是【这个家伙也是,那个家伙也是】。也是什么呢?那就要看说话人当时所处的情景了。要是上司看到部下个个都不中用,就可以用这句话来表达不满。类似广东话里的【一个又是这样,两个又是这样】,都是怀着轻蔑、抱怨等负面情绪主观上对复数个体进行归类后统一进行BS。 

既然说到了人称代词,再顺便提一下日语里种类丰富的【我】【你】 
下面按照同一个等级的礼貌程度进行归类 
我→你 
僕・私(わたし・わたくし)→貴方(あなた) 
俺→あんた・お前・てめえ・貴様 
拙者→御主(文言文) 
わし(一般是老家伙用来称自己)


分类: 知识库

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团