【红袖九队】秒速5センチメートル②—木啊木头君

木啊木头君 (更夜) 大巫师
26 11 2
发表于:2015-09-20 16:46 [只看楼主] [划词开启]

   

       そう、少なくとも僕の記憶の中では、あの頃の思い出は絵のようなものとしてある。あるいは映像のようなものとして。古い記憶をたぐろうとするとき、僕はあの頃の僕たちをフレームの外、少し遠くから眺めている。

 

       まだ十一歳になったばかりの少年と、同じくらいの背丈のやはり十一歳の少女。光に満ちた世界に、二人の後ろ姿が当たり前に含まれている。その絵の中に、二人はいつでも後ろ姿だ。そしていつでも少女の方が先に駆け出す。その瞬間に少年の心をよぎった微かな寂しさを僕は思い出し、それは大人になったはずの僕を今でもほんの少しだけ悲しくさせる。


       とにかく、明里はその時、一面に舞う桜の花びらを雪のようだと言ったのだと思う。でも僕にはそうは見えなかった。その時の僕にとっては桜は桜、雪は雪だった。


@tzm88343103 @jetsun_yu @u151OMoLf56 @等等等呵呵 

本周作业上交~嗓子哑了,没有读出鬼片的感觉吧

最后编辑于:2016-05-01 21:43

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 你读我评

全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团