【红袖七队】ミス·パイロット③章 P55-62

yokotian (零妖妖) 巫师圣灵
56 8 1
发表于:2015-09-20 21:37 [只看楼主] [划词开启]

P56

 

 

倫子の誘いを最後まで聞くことなく、国木田はさっさと立ち去って行った。男なら、だれもが喜んで受けるであろう倫子の誘いだが、彼には効かないようだ。その後ろ姿に、倫子は唇を噛みしめた。過去には、あんな“ささやき”をしてくれたのに最近の国木田は様々な理由で倫子の誘いを断る。男前で交友関係も広くそれなりに遊んでいるようにも見えるが、パイロットとしての国木田はとても真面目だし、パイロットであることに誇りを持っている。入社後、訓練生が副操縦士になるには約4年半、副操縦士が機長に昇格するには最低十年の経験が必要というのが一般的だ。しかし、国木田は34歳にして既に機長なのだ。彼が真剣にパイロットとして努力した結果だろう。倫子は国木田のそういうところに惚れている。でも、だからこそ、パイロットとしての仕事を離れた恋愛においては、国木田は真面目にならないのかもしれないと思っていた。いっそ、自分もそうなれれば楽になれるのに、と倫子はそっと溜息をついた。そして倫子の愚痴どおり、晴のドジはなかなか改善しなかった。ある日のこと、晴は最悪のドジをやらかしてしまう。団体客のチェックインを受け付けたが、運が悪いことにチケットを出力する機械が詰まってしまった。晴は、慌ててながらも、入力と出力をやり直し、乗客にどうにかチケットを渡した。が、この時、晴は気がつかなかったのだけれど、やり直した際に、詰まる前のチケットも一緒に出てきてしまっていたのだ。その結果として、晴が発券したチケットは搭乗ゲートでエラーを起こしてしまった。その原因を解明し、全てをやり直した結果、飛行機は定刻よりも30分遅れて空港を飛び立っていった。30分の遅れは、特A級の失態だ。飛行機が飛び立つまでは、倫子は晴を叱らなかった。飛行機が飛び立った今、晴と、連帯責任ということで他の5人も、倫子の前に整列していた。でも、倫子は何も言わない。

 

最后编辑于:2016-05-01 21:43

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 你读我评

全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团