【添香二队】Fate Zero②—星茗雨露

星茗雨露 (●ω●初声·猫ちゃん) 巫师圣灵
26 2 2
发表于:2015-09-21 01:43 [只看楼主] [划词开启]


 

だが彼は、気付くのが遅すぎた。

等他醒悟过来时,已经晚了。

すべての人を等しく公平に尊ぶならば、

当一个人公平公正地去对待每个人的时候,

それは、誰一人として愛さないのと同じこと。

那便等同于他已经无法爱上任何人。

そんな鉄則を、もっと早くから肝に銘じておいたなら、まだ彼には救いがあった。

若是他能更早地将这个准则铭记于心的话,那倒还好。

若い心を凍らせ、壊死させ、血も涙もない計測機械として自身を完成させていたなら、彼はただ冷淡に生者と死者を選別し続けるばかりの人生を送れただろう。そこに苦悩はなかっただろう。

让年轻的心冻结、坏死,变为一台无血无泪的测量仪器的话,他只需继续冷淡地甄别活人和死者,漠然度过一生,也就无需苦恼了。

だが、その男は違った。

但,他不是这样的人。

誰かが歓喜(かんき)する笑顔は彼の胸を満たし、誰かの慟哭する声は彼の心を震わせた。

别人高兴的笑容让他满心欢喜,别人恸哭的声音触动他的心弦。

無念の怨嗟には怒りを共にし、寂寥の涙には手を差し伸べずにはいられなかった。

别人绝望的怨恨令他怒火中烧,别人寂寞的泪水总让他忍不住伸手去擦干。

人の世の理を超えた理想を追い求めておきながら——彼は、あまりにも人間すぎた。

在追求超越人间准则的理想的同时——他过于像一个普通人了。

 

その矛盾に男は幾度、罰せられたかしれない。

这样的矛盾不知道已经给他带来多少惩罚。

友情もあった、恋慕(れんぼ)もあった

有过友谊,有过爱情。

そんな愛おしい一つの命と、赤の他人の無数の命が、天秤の左右に載ったとしても——

但就算这些他珍爱的生命,和其他无数素昧平生的生命,同时放在天平的左右时——

彼は決して過たなかった。

他也从来不会出错。

誰かを愛した上で、なおその命を他者と等価のものとして、平等に尊び、平等に諦める。

就算爱着谁也好,他仍然将其生命与他人视为等价,平等地去珍惜,平等地去抛弃。

いつでも彼は大切な人を、出会いながらにして喪(うしな)っているようなものだった。

一直以来,他与他所有珍爱的人,都注定了在相遇的瞬间便等同于永别。

そして今、男は最大の罰を科されている

现在,对他来说最大的惩罚即将降临。

 

だが彼は、気付くのが遅すぎた。

すべての人を等しく公平に尊(とうと)ぶならば、

それは、誰一人として愛さないのと同じこと。

そんな鉄則を、もっと早くから肝(きも)に銘じておいたなら、まだ彼には救いがあった。

若い心を凍らせ、壊死(えし)させ、血も涙もない計測機械として自身を完成させていたなら、彼はただ冷淡に生者と死者を選別し続けるばかりの人生を送れただろう。そこに苦悩はなかっただろう。

だが、その男は違った。

誰かが歓喜(かんき)する笑顔は彼の胸を満たし、誰かの慟哭(どうこく)する声は彼の心を震わせた。

無念の怨嗟(えんさ)には怒りを共にし、寂寥(せきりょう)の涙にはてを差し伸べずにはいられなかった。

人の世の理を超えた理想を追い求めておきながら——彼は、あまりにも人間すぎた。

その矛盾に男は幾度、罰せられたかしれない。

友情もあった、恋慕(れんぼ)もあった。

そんな愛おしい一つの命と、赤の他人の無数の命が、天秤の左右に載ったとしても——

彼は決して過(あやま)たなかった。

誰かを愛した上で、なおその命を他者と等価のものとして、平等に尊び、平等に諦める。

いつでも彼は大切な人を、出会いながらにして喪(うしな)っているようなものだった。

そして今、男は最大の罰を科されている。

 

@我筱邪 @孤独黑猫@molly_wlm

 

奉上渣渣手残背景音,X战记主题音乐,暑假搞了个电钢琴玩,咩哈~~

最后编辑于:2015-10-28 10:31

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 你读我评

全部回复 (2)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团