【文学朗读】注文の多い料理店(六)

玉米豆浆 (邀请码QRPKF3VCWS)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱小巫师
21 2 2
发表于:2015-09-22 14:40 [只看楼主] [划词开启]


「はゝあ、何かの料理に電気をつかふと見えるね。金気かなけのものはあぶない。ことにとがつたものはあぶないとう云ふんだらう。」
「さうだらう。して見ると勘定は帰りにこゝで払ふのだらうか。」
「どうもさうらしい。」
「さうだ。きつと。」
 二人はめがねをはづしたり、カフスボタンをとつたり、みんな金庫の中に入れて、ぱちんと錠をかけました。
 すこし行きますとまたがあつて、その前に硝子がらすつぼが一つありました。扉にはう書いてありました。

      「壺のなかのクリームを顔や手足にすつかり塗つてください。」


 みるとたしかに壺のなかのものは牛乳のクリームでした。
「クリームをぬれといふのはどういふんだ。」
「これはね、外がひじやうに寒いだらう。へやのなかがあんまり暖いとひびがきれるから、その予防なんだ。どうも奥には、よほどえらいひとがきてゐる。こんなとこで、案外ぼくらは、貴族とちかづきになるかも知れないよ。」
 二人は壺のクリームを、顔に塗つて手に塗つてそれから靴下をぬいで足に塗りました。それでもまだ残つてゐましたから、それは二人ともめいめいこつそり顔へ塗るふりをしながら喰べました。


原音频:

渣录音:


译文:


  “哈哈,看来有一道菜是要用电的,所以金属类物品有危险,特别是尖锐的东西。是这个意思吧?” 
  “是吧。这么说,走的时候,要在这里付钱啦?” 
  “看来是这样。” 
  “肯定是这么一回事。” 
    两个人摘下眼镜,又取下了袖扣,然后统统放进了保险柜里,咔嚓一下上了锁。 
     没走几步,眼前又出现一扇门,门前放着一个玻璃缸。只见门上写着这样一行字: 

                              请用罐子里的奶油好好地涂在脸上和手脚上。 

     他们一看,玻璃缸似的罐子里果然装的是奶油。 
   “为什么让我们抹奶油?” 
   “那是因为外面太冷,而屋子里太暖和了,是让我们预防皮肤皲裂嘛。里面一定是来了一位很了不起的大人物。没准儿在这里,咱们还能结识贵族呢。” 
      两个人用缸里的奶油涂了脸,又涂在手上,最后把袜子脱了,涂在了脚上。可奶油还有剩余,于是他们俩干脆装着往脸上抹的样子,偷偷地把剩余的奶油全舔掉了。 



本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 日文时光

全部回复 (2)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团