2015.09.23【日译中】日本传说366日10月の日本昔話——06日:京都蛙与大阪蛙

aokikiki (右右)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译坛新宠
21 0 0
发表于:2015-09-23 16:01 [只看楼主] [划词开启]

京のカエル大阪のカエル(京都蛙与大阪蛙)


むかしむかし、京都に一匹のカエルがいました。もう長いこと京都に住んでいたので、どこかちがう所へ行ってみたいと思っていました。

很久很久以前,一只青蛙已经在京都住了很长一段时间,所以它想去别的地方见识一下。


ある時、大阪はとてもいい所だという話を聞いたので、「よし、ひとつ、大阪見物にでも、行ってこよう。ケロ」と、思いたち、さっそく出かけることにしました。

那时,京都蛙听说大阪是个好地方,心里想着:“好,去大阪参观一下也好,出发吧呱!”立刻就出发了。


「よせよせ、大阪まではとても遠くて、たいへんだぞ。ケロ」仲間のカエルが言いましたが、

京都蛙的朋友说:“拉倒吧,大阪那么远,很辛苦的呱。”


「なあに、へっちゃらさ。大阪見物の話を聞かせてやるから、待っていな。ケロ」と、言って、そのカエルはピョンピョンと出かけて行きました。

“什么呀,这点距离算什么。到时候跟你讲我在大阪的见闻,等着吧呱。”说完京都蛙一蹦一蹦地出发了。


真夏の事なので、お日さまはカンカンですし、道は遠いし、カエルはくたびれてしまいました。それでも大阪をひと目見たいと、ピョンピョンと歩いていきました。

正值盛夏,太阳公公毒辣辣地晒着,路也很远,京都蛙都快晒成青蛙干了。即便如此也要到大阪见识见识,这么想着京都蛙又一蹦一蹦地赶路。


さて、大阪にも一匹のカエルがいました。そのカエルも、もう長いこと大阪に住んでいましたので、どこかちがう所へ行ってみたいと思っていました。

好了,另一头也有这么一只青蛙,已经在大阪住了很长一段时间,所以它想去别的地方见识一下。


ある時、京都はとてもいい所だという話を聞いたので、「よし、京都見物にでも、行ってこようか。ケロ」と、さっそく、出かけることにしました。

那时,大阪蛙听说京都是个好地方,心里想着:“好,去京都观一下光也好,出发吧呱!”立刻就出发了。


「よせよせ、京都まではとても遠くて、たいへんだぞ。ケロ」仲間のカエルが言いましたが、

大阪蛙的朋友见到就说:“拉倒吧,京都那么远,很辛苦的呱。”


「なあに、へっちゃらさ。京都見物の話を聞かせてやるから、待っていな。ケロ」と、言って、そのカエルもピョンピョンと、出かけていきました。

“什么呀,这点距离算什么。到时候跟你讲我在京都的见闻啦,等着吧呱。”说完大阪蛙一蹦一蹦地出发了。


お日さまはカンカンてるし、道は遠いし、カエルはくたびれてしまいました。それでも京都をひと目見たいと、カエルは、ピョンピョンと歩いていきました。

太阳公公毒辣辣地晒着,路也很远,大阪蛙都快晒成青蛙干了。即便如此也要到京都见识见识,这么想着大阪蛙又一蹦一蹦地赶着路。


京都と大阪の間には、天王山(てんのうざん)という山があります。

京都和大阪之间有一座天王山。


「この山をこせば大阪だ。ケロ」京都のカエルは元気を出して、よっこら、やっこら、山を登っていきました。

“翻过这座山就是大阪了呱”京都蛙卯起劲,嘿哟,哈哟,翻山越岭。


「この山を越せば京都だ。ケロ」大阪のカエルも元気を出して、よっこら、やっこら、山を登っていきました。

“翻过这座山就是京都了呱”大阪蛙卯起劲,嘿哟,哈哟,翻山越岭。


お日さまは暑いし、山道は急だし、京都のカエルも大阪のカエルもクタクタです。

太阳公公发着热热的光线,山路又很陡峭,京都蛙和大阪蛙已经筋疲力尽了。


二匹とも、やっと天王山のてっペんにたどり着き、そこでバッタリ出会いました。

两只青蛙终于爬到天王山山顶,就在那相遇了。


「あなたは、どこへ行くんですか? ケロ」

「京都見物ですよ。ケロ」

「およしなさい。京都なんてつまりませんよ。わたしは大阪見物に行くんですよ。ケロ」

「あなたこそ、およしなさい。大阪なんてつまりませんよ。ケロ」

“你要到哪里去呢呱?”

“我要去京都参观呱。”

“请止步吧,京都好无聊的。我要去大阪哟呱。”

“您也请止步吧,大阪也很无聊的呱。”


そこで京都のカエルは立ちあがって、大阪の方を見ました。「本当だ。よく見ると、大阪も京都とたいして変わらないや。ケロ」

京都蛙站起来往大阪方向一看,“啊,真的。仔细看大阪跟京都也没啥不一样的地方啊呱。”


大阪のカエルも、立ちあがって京都の方を見ました。「本当だ。よく見ると、京都も大阪とたいして変わらないや。ケロ」

大阪蛙也站起来往京都方向一看,“啊,真的。仔细看京都跟大阪也没啥不一样的地方啊呱。”


それなら行ってもつまらないと、二匹のカエルは元来た道を帰っていきました。

就算去了也是一样无聊,两只青蛙这么想着又沿着刚才的路蹦回去了。


でも、二匹のカエルが見たのは、本当は自分たちの町だったのです。

不过,两只青蛙刚刚看到的,其实是自己原来的城市。


えっ?なぜって、カエルの目玉は頭の上についているでしょう。

咦?要说为什么,青蛙的眼睛是长在头上的吧。


だから立ちあがると、後ろしか見えないのです。

所以站起来的时候,只能看到后面。(这什么鬼姿势=。=)


おしまい

完结


最后编辑于:2015-09-23 22:48

本帖来源社刊

分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团