2015.09.24【日译中】星新一小说之古代の神々(五)

mirror126 (小胖大欣mirror) 译往情深
21 1 0
发表于:2015-09-24 17:06 [只看楼主] [划词开启]

 

 録音テープがたくさんあったが、どうすれば音になるのかわからず、再生装置がどれかもわからず、彼らにとってなんの意味もなかった。

「おお、おお……」

 みなが指さしあい、最も興味をひかれたのは、ままごと遊びの道具一式だった。こんなに小さな食器。コンピューター神殿は、われわれにこんなのを一度も出したことはない。古代の神々は、これぐらいの食事しかなさらなかったのだろうか。やはりわれわれとはちがう。みなの心には尊敬の念のようなものがわいた。時のたつのを忘れ、見つめ、手にとっていじるのだった。

「わっ……」

有许多录音带,但是不知如何能发出声音,也没有再生装置,对于他们来说没有任何意义。

“哎!哎!”

大家用手指着,感兴趣的是一件小孩儿过家家的玩具。这么小的餐具。在电脑神殿从来没出现过。古代众神只能使用这么小的餐具吃饭吗?果然和我们不一样。大家对神的尊敬之心又加深了。大家看着这些东西,在手里摆弄这这些东西,时间不知不觉的过去了。

“啊.....

 

 とつぜん、人びとが悲鳴をあげた。びっくり箱のふたがあいたのだ。驚かしたこともなく、驚かされたこともない人たち、ショックは強かった。ひとりは気を失って倒れた。抱きかかえて丘の上の神殿へと運ぶ。コンピューターは正確に診断し、薬を出し、手当てのやりかたを指示した。やっとおちつきがもどる。

みなはまたカプセルのそばへひきかえしてきた。しかし、びっくり箱以上の驚きがあらわれた。人物の写真がいくつも出てきたのだ。その表情のなんと恐ろしいこと。みつめるみなののんびりした表情とにくらべ、それは深刻で、ずるさにみち、不健康で、なかには狂気をおびているようなのさえあった。

突然,人们发出了惊叫。揭开了可怕盒子的盖子。没有受过惊吓的人们,受到了强烈的打击。一个人失去知觉昏倒了。大家抱着将他运往山上的神殿。电脑会给出准确的判断,开出药方,指示救治的办法。终于病情稳定了。

大家又返回到了时空胶囊旁边。但是,可怕箱子的惊悚之处呈现出来了。有许多人物的照片。他们的表情可怕至极。和凝视照片的悠闲表情的人们相比,这是深刻的,尖锐的,不健康的,这其中有疯癫之感耸立着。

 

 

 貧困の写真、大ぜいが目をつりあげてわめいている写真、なぐりあうスポーツ、キャバレー、殺意あふれる戦争の写真。それらの顔つきはながめるだけで身ぶるいがしてくる。

「いやだな、胸がむかむかして吐気がしてきた」

 だれかが言った。

「これが古代の神々なのかな。これがあのありがたい神殿を作り、われわれに永久の安泰をもたらしてくれたかたとは思えない。もしかしたら、BC年代にはびこり、古代の神々に一掃された悪魔たちかもしれない。もう、これ以上さわるな」

「もとの丸いものにもどそう。そして、神殿にはこび、その指示をあおごう」

けっこう重かったが、みなは力をあわせて神殿へと運び、台の上にのせた。地下からこのようなものが出ました。どういたしましょう。

贫穷的照片,是人睁大着眼睛,在酒馆和运动中相互殴打,充满杀意的战争的照片。

只是看着这些照片,身体就会颤抖。

不知谁说了一句:“真是难受啊,胸觉得憋闷,真想吐。”

“这就是古代的众神啊。实在难以想象这就是制造了宝贵神殿,给我们带来永久安康生活的众神啊。可能这些是古代众神一举清除的恶魔们。好了,不要再闹了。”

“放回到原来的圆形物体了啊。然后运到神殿,听从神殿指示。”

真是很重啊,大家一起使尽全力运到神殿,放到神坛上。从地下发现了这样的东西。该怎么处理呢。

 

 台は動き、カプセルは穴の奥へと消えていった。コンピューターは規格外の品なので、あつかいに困り、地下の自動工場のさらに下、特別貯蔵倉庫のなかにしまいこむだろう。あるいは、コンピューターはなにもかも知っていて、いまの人類には見せないほうがいいと判定するかもしれない。

倉庫のなかで、さらに未来までカプセルはふたたび眠りつづけるのだ。つぎに開けられる時が来るかどうかはわからないが……。

神坛动了,时间胶囊消失在了洞穴深处。电脑对于规格之外的物品,难以操控,放在了地下自动工厂中的特殊储藏仓库里了吧。或者,可能电脑知道些什么,判定不让现在的人知道为好。

 

 

 夕暮になり、青年は家に帰って両親に言った。

「きょうはとうとう、農場の手入れをするひまがなかったね」

「あしたでもいいさ。そうそう、夕食の調味料はどうしたね。セッケンがなくなり、電球がひとつつかなくなっていたが……」

「忘れてはいないよ。ぼく、神殿に行ったついでに、お願いしてみんないただいてきたよ。ほら……」

 青年は持ってきた品を机の上に置いた。四千九百年間ずっと変ってない品を。それから、ふとつけ加えた。

「……でも、あの神殿の奥って、どうなっているんだろうな」

「そんなこと、なぜ知りたいんだね。知る必要があるかい」

「ないなあ、ただ、ちょっとそう思っただけさ」

青年はすなおだった。だれもがすなおだった。疑惑とか破壊とかの念はどこにもない。

夕阳将至,青年回到家对父母说。

“今天,到底没能腾出时间看管农场。”

“明天也行。对啦,晚饭的调味料是什么呢。为了节约,电灯也不能开了”

“没有忘了啊。我今天是神殿顺便为大家起到了。看...

青年将拿的东西放在桌子上。是4900年从未改变的东西。在此之上,加了什么

“但是,在神殿深处,会变成什么样呢?”

“为什么要知道这种事啊。没有知道得必要。”

“没有知道的必要。只是稍微这么想了一下”

青年是天真的。比任何人都天真。没有一丝疑惑和破坏的想法。

 


分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团