2015.09.25【日译中】プラナリア 涡虫26

沐小诺 (一只猫而已)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译坛英杰
11 0 1
发表于:2015-09-24 17:15 [只看楼主] [划词开启]

というわけで、とりあえず週に四日、私はその甘納豆屋で働くことになった。とにかく「やっと立ち直ってきたか」と家族と彼氏の喜びようったらなくて、ひねくれ者の私はむっとしたが、それでもまあ、多少頑張ろうという気になってきたことは確かだった。たとえ時給が相場の三分の二ほどの値段でも。

就这样,我暂时每周四天去甜纳豆屋上班。总之家人和男朋友极其高兴, 说我总算恢复了。乖僻的我又沉闷,但即便如此,也确实变得多少想要努力一把的心情。就算时薪只有市场价的三分之二左右的价位。


 そしてあとで聞いたら彼女はあの店の雇われ店長で、しかも私と歳がひとつしか違わなかったので驚いた。私が幼稚なのか彼女が大人なのか。

后来问了才知道,她就是那家店的店长,而且与我只相差一岁,让我太惊讶了。是自己太幼稚了还是她太成熟了。


 私は甘納豆なんか食べないので知らなかったが、その店は全国にチェーン展開している大きなもので、県内の主要なショッピングセンターやスーパーマーケットにも店舗があった。私が働くことになったそのデパートの店は規模的には小さく、店長の永瀬さんと、パートのおばさんと私の三人きりしか店員がいなかった。

我不吃甜纳豆所以不知道,原来这家店在全国大规模的开设连锁店,县内的主要购物中心及超市也都设有店铺。这上班的这家商场内的店面规模不大,只有店长永濑小姐和打零工的阿姨还有我三个店员。

永瀬さんは近くにある駅ビル店の店長も兼任していて、そことこっちを行き来したり、支部の営業の人と打ち合わせに出たりしてあまり店にいなかった。もう一人のパートのおばさんは最初に挨拶しただけで、私が来ると交代で帰って行くので、やはり顔を合わす機会は少なかった。

永濑小姐还兼任附件一个车站大楼内店铺的店长,两地之间来来回回,还要外出和支部的营业员洽谈,几乎不怎么在店里。另外一个打工的阿姨也就一开始时打过招呼而已,我来了之后做完交接就回去了,所以也没什么机会碰面。


 では、いつも店に私一人でいるのかというとそうではなく、両隣の和菓子屋とカウンターの中はつながっているので、いつも一緒にいるのは他の店のパートのおばちゃんという、私にとっては最悪な状態だった。

但也不是说老是就我一个人在店里,两边的日式点心铺与柜台之间相通的,所以总是和其他店的打工阿姨在一起,这对我而言是最糟糕的状态。


 病院だろうが和菓子売り場だろうが、おばちゃんの生態は変わらない。特に和菓子売り場なんてそう混む所ではないので、客が途切れると私はおばちゃんたちに質問攻めにあった。

医院也好日式点心卖场也罢,阿姨们的生活状态是不变的。特别是日式点心卖场并不是那么拥挤,所以一旦没客人时,我就会被阿姨们围攻提问。


 どこに住んでるの? 歳はいくつなの? 独身なの? 学校はどこ行ってたの? 今まで何して働いてたの? 入院中には絶対答えてやらなかったその手の質問に、不機嫌に見えないよう無理して笑って答えたのは、やはり永瀬さんの顔をつぶしてはいけないと思ったからだ。答えおわった後、満足したおばちゃんたちが長々と自分のことを喋るのも、相槌《あいづち》を打って聞いてるふりをした。

住在哪?多大啦?单身吗?哪个学校毕业的?之前是做什么的?对于住院时绝对不会回答的那些问题,我强忍不满微笑着回答了,是因为觉得不能够毁坏了永濑小姐的颜面。回答完毕后,心满意足的阿姨们长时间的谈论着自己的事,而我也要附和地装作在听的样子。






本帖来源社刊

分类: 日语

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团