2015.09.25【日译中】アリスメア・第四章1-1

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
21 1 3
发表于:2015-09-25 18:32 [只看楼主] [划词开启]


Alice mare (アリスメア)
【著】△○□×(みわしいば)
手打搬运 请勿随意转载



第四章
オオカミ少年
狼少年




 三番目の扉の先にあったのは、予想通り、施設にある誰かの部屋だった。机には宿題が白紙のまま綺麗に隅に寄せられており、本棚の隣の壁には変な模様が描かれたポスターのようなものが貼られている。
  正如我所想的那样,打开第三扇门后,看到的也是设施里某个人的房间。桌子上,空白的作业干净地收在角落,书架旁的墙壁上贴着一张海报似的纸,上面画着奇怪的图案。

「おっ?よう! アリス! 良い天気だな!」
 “哦?哟! Alice! 今天天气不错呀!”

 窓が無いから外の天気なんてわからないのに、部屋の中心に居た人物は弾んだ声で僕に話し掛けた。銀色のチェーンがついた黒いニット帽を、いつも大事そうに身につけている少年。
  因为房里没有窗户,所以无从得知外面的天气,但站在房间正中的人却声音高昂地和我说着话。一直很宝贝地把镶有银链子的黑色针织帽戴在头上的少年。

「こういう時って、んーと、んーとんーと、んっとな」
 “这种时候的话、嗯、嗯嗯、嗯呐”

 ジョシュアはいつもその口から、言葉がマシンガンのように繰り出してくるのだか、今は何かが詰まってしまったかのように同じ単語を吐き続けている。
  平时的话Joshua嘴巴就像机关枪一样不停地说话,但现在却像卡住了似的一直说着同一个单词。

「そそそそそ!そそ!そそそだ! ああああ遊ぼうぜ!」
 “对对对对对!对对!对对对了! 我我我我们来玩吧!”

 やがて、声の出る玩具が電池切れを起こしたかのように、同じ言葉を重ねて遊びに誘ってきた。
  最终、像是发声玩具快要没电了一般,Joshua重复着同样的话语邀请我一起玩耍。

 不安定な言葉とは裏腹に、ジョシュアはにこにことして、僕の答えを待っている。
  但Joshua的表情却与不稳的语言相反,笑嘻嘻地等待着我的回答。

 セカイへ行ってカギを見つけ、また記憶の断片を取り戻す。そして、先生を見つけて話を聞く ーー。今や僕の目的は二つになっており、早く行かなければ先を行く先生に追いつくのはより難しくなってしまうだろう。
  去“世界”寻找钥匙、再度取回记忆的碎片。然后、找到老师向他问话——。现在我的目的仅此两个,如果能加快脚步的话,要赶上走在前面的老师就不会那么难了吧。

「いいよ、遊ぼう」
 “好呀、来玩吧”

 自分でもなぜかわからないが、応じる声が大きくなり、さらに途中で裏返ってしまった。……疲れているのだろうか。
  我回答的声音比以往都要大,话说到一半还破了音,但我自己都不知道为什么。……是累了吗?

「おおおう!おう!元気だな!んじゃ!」
 “哦哦哦!哦!好有精神啊!那么!”

 ジョシュアもその声を、何重にも重ね、何倍にも大きくさせていく。
  Joshua也拔高了他的声音,用比平时大好几倍的音量说道,

「クローゼット、開けようぜ」
 “衣柜、把它打开吧”

 僕は頷き、ジョシュアのクローゼットへと近づく。そして扉に手を掛けた所で、自分の手が震えている事に気がついた。僕は、どうしてしまったのだろうか。
  我点了点头,走近Joshua的衣柜。当我把手放到柜门上的时候,我发现自己的手在颤抖。我这到底是怎么了呢?

 震える手を、無理矢理動かして取っ手を掴む。僕は、そのまま力任せに扉を開けた。
  我强行挪动颤抖着的手掌抓住了门把。然后、我用尽全力拉开了门。



◆Chelsy。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 3

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团