2015.09.26【日译中】羊をめぐる冒険 第六章 (55)

芹1993 (傻啦吧唧二号) 译译生辉
6 0 0
发表于:2015-09-26 11:48 [只看楼主] [划词开启]

「好意の交換だよ。私は君の共同経営者にPR誌が発行停止になったという情報を好意で提供したんだ。それに対して君が好意を示してくれれば、私もまた君に好意を示す。そう考えてもらえないかな。私の好意は役に立つよ。君だっていつまでも頭の鈍い酔払いと共同で仕事をつづけているわけにも行かないだろう」

「我々は友だちです」と僕は言った。

底なし井戸に小石を投げ込んだような沈黙がしばらく続いた。石が底につくまで三十秒かかった。

这可是不错的交易哦。我已经善意地告诉了你的小伙伴PR杂志停止发行的事。对此若你对我表示善意的话,我也会对你表示善意。可你会却不会这么想啊。我的善意会起到作用哦。毕竟你不能总跟一个头脑不清醒还经常宿醉的人共事吧?”

我们是朋友”。

们就这么沉默了一会儿,就像往无底的井里我说投入小石子一般没有任何回声。石子落到井底花了 30秒。

 

 

「まあいいだろう」と男は言った。「それは君の問題だ。私は君の経歴をかなり細かく調べてみたんだが、それなりになかなか面白かった。人間をおおまかに二つに分けると現実的に凡庸なグループと非現実的に凡庸なグループにわかれるが、君は明らかに後者に属する。これは覚えておくといいよ。君の辿る運命は非現実的な凡庸さが辿る運命でもある」

「覚えておきます」と僕は言った。

男は肯いた。僕は氷は溶けてしまったグレープ?ジュースを半分飲んだ。

「それでは具体的な話をしよう」と男は言った。「羊の話だ」

“那好吧”男人说,“那是你的问题。我详细地调查了你的经历。的确是很有趣。若是将这世上的人分为2种的话,那就是现实且平庸的人和非现实且平庸的人,而你属于后者。你最好记住这句话。你所追寻的运命中也有非现实与平庸所追寻的命运。

记住了”我说。

男人点了点头。我将融了冰的葡萄汁喝掉了一半。

那现在开始说具体的事吧”男人所。“羊的事情。”

 

 

1 奇妙な男の奇妙な話(1)(4)

  奇怪的男人说的奇怪的话

男は体を働かして封筒から大判のモノクローム写真を取り出し、テーブルの上に僕の方に向けて置いた。部屋の中んの少しだけ現実の空気が入り込んできたような気がした。

「これは君の雑誌に載った羊の写真だ」

ネガを使わずに雑誌のグラビアをそのままひきのばしたにしては驚くほど鮮明な写真だった。おそらく特殊な技術を使っているのだろう。

「私の知る限りでは、その写真は君が個人的にどこかで手に入れて、その雑誌に使用した。間違いないね?」

「そのとおりです」

男人转动身子从信封中拿出一大张黑白照片,放在桌子上正对着我。感觉房间内稍微有些现实的空气流了进来。

“这是你们杂志上登载的羊的照片”

没有用底片只是将杂志上的图片放大而已,那照片的清晰度让人有些震惊。恐怕是用了什么特殊的技术吧。

据我所知,这张照片是你私人从某处得到的,然后用在杂志里。没错了吧”

“是的”



「我々の調査によれば、それはこの六ヵ月以内に、完全なアマチュアによって撮られた写真だ。カメラは安物のポケットサイズだ。撮ったのは君じゃない。君はニコンの一眼レフを持ってるし、もっとうまく撮る。この五年間北海道に行ってない。そうだね?」

「どうでしょう?」と僕は言った。

「ふうん」と言って男はしばらく黙った。沈黙の質を見定めるような黙り方だった。「まあいい、我々が欲しいのは三つの情報なんだ。君がどこで、誰からこの写真を受け取ったか、そしていったいなんのつもりでこんな下手な写真を雑誌に使ったか、だ」

“根据我的调查,这张照片是这6个月内拍的,而且拍照的人完全是个外行。相机也是廉价的袖珍款式。这不是你拍的。你有一台尼康的单反,而且技术也比较好。并且你这5年里没有去过北海道。多吧?

那又怎么样”我说。

 “呵”男人说完沉默了一会儿。就像是看清了沉默的本质似的沉默方式。“我只需要你回答我三个问题。你在哪里,从谁那得到的这张照片,为什么你要把这么劣质的照片用在杂志里。”

 


「言えません」と僕は自分でも驚くくらいあっさりと言った。「ジャーナリストにはニュース?ソースを守秘(しゅひ)する権利があります」

男はじっと僕に目をやったまま、右手の中指の先で唇をなぞった。そして何度かそれをくりかえしてから、手を膝の上に戻した。沈黙はその後もしばらく続いた。どこかで郭公が鳴き始めてくれるといいのに、と僕は思った。しかしもちろん郭公は鳴き始めなかった。郭公は夕方には鳴かない。

“这个我不能告诉你”我惊讶于自己的坦白直接。“作为新闻工作者有保密新闻源的权利。”

 男人一动不动地死盯着我。右手中指的指尖碰了碰嘴唇。然后反复多次后,将手放回到膝盖上。又开始沉默。我想要是现在杜鹃在某处开始鸣叫就好了。然而并没有。杜鹃是不会在下午叫的。

 

 

「君はどうも奇妙な男だな」と男は言った。「私にはやろうと思えば、君たちの仕事を全部シャットアウトすることもできるんだよ。そうすれば君はもうジャーナリストとも言えなくなる。もっとも今君がやっている下らないパンフレットやちらしやらの仕事がジャーナリズムであると仮定すればの話だけれどね」

僕はもう一度郭公のことを考えてみた。どうして郭公は夕方に鳴かないのだろう?

“你真是个奇怪的男人”男人说。“只要我一声令下,你们的工作将全部停摆。这样的话你就不能说自己是个新闻工作者了。再说了你现在干的发传单、发小广告的小事而已,这样就把自己定义为新闻工作者,那也只是你自认为而已。”

我再次考虑想杜鹃的事来。为什么杜鹃不再傍晚叫呢?

 


「それに、君のような人間をしゃべらせる方法は幾つかある」

「たぶんそうでしょう」と僕は言った。「しかしそれには時間がかかるし、それまでは僕はしゃべられない。しゃべったとしても全部はしゃべられない。あなたにはどれだけが全部なのかはわからない。違いますか?」

全てははったりだったが、コースは合っていた。それにつづく沈黙の不確かさは、僕がポイントを稼いだことを示していた。

 “而且,有几个方法可以跟你这种人沟通

可能吧我说。但那得花时间。而且我也不会说到那个份上。就算说了也不能全部说。你根本不知道全部到底是有多少。没错吧?

这全是故弄玄虚,正中他的意图。之后沉默的不确定性提醒我抓住他说话的要点。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本帖来源社刊

分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团