【红袖九队】キッチン④—tzm88343103

改名的沙子 (スナ) 大巫师
21 13 0
发表于:2015-09-27 21:18 [只看楼主] [划词开启]

薄曇りの春の午後だった。私は、アパ××情報を横目で見るのにすっかり飽きて、どうせ引っ越すならと雑誌をヒモでしばる作業に専念していた。あわてて半分寝まきみたいな姿で走り出て、なにも考えずにドアのカギをはずしてドアを開いた。(強盗でなくてよかった)そこには田辺雄一が立っていた。

「先日はどうも」

と私は言った。葬式の手伝いをたくさんしてくれた、一つ年下のよい青年だった。聞けば同じ大学の学生だという。今は私は大学を休んでいた。

「いいえ。」彼は言った。「住む所、決りましたか?」

「まだ全然。」

私は笑った。

「やっぱり」

「上がってお茶でもどうですか?」

「いえ。今、出かける途中で急ぎですから。」彼は笑った。「伝えるだけちょっと、と思って、母親と相談したんだけど、しばらくうちに来ませんか。」

「え?」

私は言った。

「とにかく今晩、七時ごろ家に来てください。これ、地図。」

「はあ。」私はぼんやりそのメモを受け取る。

「じゃ、よろしく。みかげさんが来てくれるのをぼくも母も楽しみにしてるから。」

彼は笑った。あんまり晴れやかに笑うので見慣れた玄関に立つその人の、瞳がぐんと近く見えて、目が離せなかった。ふいに名を呼ばれたせいもあると思う。

じゃ、とにかくうかがいます。」


最后编辑于:2016-05-01 21:43

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 你读我评

全部回复 (13) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团