【我的21天】孤独黑猫-9月朗读第27贴

孤独黑猫 (孤独黑猫)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱大巫师
11 1 1
发表于:2015-09-27 23:19 [只看楼主] [划词开启]

巧:おはようございます。  

永瀬:おはようございます。  

【巧:事務所に入ると永瀬さんが僕を驚きながら見ていた。昨日までのよろよろのスーツと比べて、ずいぶん見違えたのだろう。変な言い訳をしながら、僕は自分の席に着いた。そして、いつものように昨日のメモを読み始めた。】  


巧:ええと、ここには十時に入って、こっちは十一時。間に合うかな……  


【巧:そんな作業をしているのに、僕の頭の中は、ずっと別のことを考えていた。澪のこと……ただ僕はずっと、澪のことを思っていた。それはまるで、恋のようだった。と言うか、僕のささやかな経験に照らし合わせて見ても、これは正しく恋だった。素晴らしい。 】

巧:ただいま。

澪&佑司:お帰りなさい !

巧:はっ!部屋がきれいになってる。  

澪:けっこう大変だったんだから。  

巧:うん,無理しなくてよかったのに……体調だって……  

澪:そうも言ってられないでしょう。模範的主婦としては。  

佑司:そうなの?  

澪:そうなの。さあ,模範的主婦としてのお願いよ、佑司と一緒にお風呂入ってくれる。  

巧:分かった。

【巧:風呂から上がると、きちんとバスタオルが置かれていた。佑司は澪に体を拭いてもらっている、台所からは、いい香りがしてくる。なんでも、佑司の耳掃除をしてくれて、物すごく大きな塊を見つけたそうだ。佑司がよく「えっ?」っとか、「何?」っと、聞こえにくい素振りをしていたのは、そのせいだったらしい。こうして、狂っていた家中の音程を、澪が一つ一つ、調律していく。次の休みの日、僕たちは森にやってきた。澪と再び出会った、あの工場跡に。佑司はいつものように、螺子や撥条を掘り返している。】 

最后编辑于:2015-11-27 17:35

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 日文时光

全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团