【添香11队】破戒②ーPennyZhang55

PennyZhang55 (Penny)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱小巫师
6 1 1
发表于:2015-09-28 00:43 [只看楼主] [划词开启]

  

 丑松が転宿(やどがえ)を思い立ったのは、実は(はなは)不快(ふかい)に感ずることが今の下宿に起ったからで、(もつと)(まかない)でも安くなければ、誰もこんな部屋に満足するものは無かろう。壁は壁紙(かべがみ)で張りつめて、それが(すす)けて茶色になって居た。粗造()(とこ)の間、紙表具(かみひょうぐ)(じく)、外には古びた火鉢(ひばち)が置いてあるばかりで、何となく世離(よはな)れた、静寂()僧坊(そうぼう)であった。それがまた小学教師という丑松の今の境遇(きょうぐう)に映って、妙に(わび)しい感想()(おこ)させもする。
 今の下宿(げしゅく)にはこういう事が起った。半月程前(ほどまえ)、一人の男を供に連れて、下高井(しもたかい)の地方から出て来た大日向(おおひなた)という大尽(だいじん)、飯山病院へ入院の(ため)とあって、暫時(しばらく)腰掛(こしかけ)に泊って居たことがある。入院は間もなくであった。もとより内証(ないしょう)はよし、病室は第一等、看護婦の肩に(かか)って長い廊下(ろうか)()ったり来たりするうちには、自然()豪奢()が人の目にもついて、誰が嫉妬(しつと)(うわさ)するともなく、『()穢多(えた)だ』ということになった。(たちま)ち多くの病室へ(つた)って、患者は総立(そうだち)。『放逐(ほうちく)して(しま)え、今直ぐ、それが出来ないとあらば吾儕(われわれ)(こぞ)って御免を(こうむ)る』と腕捲(うでまく)りして院長を(おびやか)すという騒動。いかに金尽(かねづく)でも、この人種の(へん)(しゅう)には勝たれない。ある日の(くれ)(かご)に乗せられて、夕闇(ゆうやみ)の空に紛れて病院を出た。籠はそのままもとの下宿へ(かつ)ぎ込まれて、院長は毎日のように来て診察(しんさつ)する。さあ今度は下宿のものが承知しない。丁度(ちょうど)丑松が一日の勤務()を終って、疲れて宿へ帰った時は、一同『主婦(かみさん)を出せ』と(わめ)き立てるところ。『不浄(ふじょう)だ、不浄だ』の罵詈(ばり)無遠慮(ぶえんりょ)な客の口唇(くちびる)()いて出た。『不浄だとは何だ』と丑松は心に(いきどお)って、(かげ)ながらあの大日向の不幸()(あわれ)んだり、道理()のないこの非人扱いを(なげ)いたりして、穢多の種族(しゅぞく)悲惨(ひさん)な運命を思いつづけた――丑松もまた穢多なのである。



大半夜了,实在太困了,没力气录了。

@akanishik 

@changtt1986 

@melodyisky11 

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 你读我评

全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团