【红袖九队】秒速5センチメートル③—木啊木头君

木啊木头君 (更夜) 大巫师
16 1 1
发表于:2015-09-28 11:06 [只看楼主] [划词开启]

过着节就忘记了作业啊啊啊啊!   昨天忘记交了,今天赶紧补上!



「ねえ・まるで雪みたいだね」


「え、そう?そうかなあ……」


「ふーん。まあいいや」と明里はそっけなく言ってから、僕より二歩ほど先でくるりと振り向いた。栗色の髪の毛が空を映してきらきらと光り、そしてふたたび謎めいた言葉を口にした。


「ねえ、秒速五センチなんだって」


「え、何が?」


「なんだと思う?」


「わかんない」


「すこしは自分で考えなさいよ貴樹くん」


そんなことを言われてもわからないので、僕は分からないと素直に言う。


「桜の花びらの落ちるスピードだよ。秒速五センチメートル」


びょうそくごせんちめーとる。不思議な響きだ。僕は素直に感心する。


「ふーん。明里、そういうことよく知ってるよね」


ふふ、と明里は嬉しそうに笑う。


@tzm88343103 @jetsun_yu @u151OMoLf56 @等等等呵呵 

打文本的时候,我才发现我又把 雪读成梦了啊啊,我去面壁了 = =


最后编辑于:2016-05-01 21:43

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 你读我评

全部回复 (1)

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团