【2015年沪江日语朗读大赛】杜子春—1575029789Q

1575029789Q (yoyo) 高级粉丝
226 60 24
发表于:2015-09-28 23:11 [只看楼主] [划词开启]

杜子春

   芥川龍之介

音频君:

ある春の日暮です。
 唐の都洛陽(らくやう)の西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。
 若者は杜子春(とししゆん)といって、元は金持の息子でしたが、今は財産を使い尽くして、その日の暮しにも困るくらい、可哀相な身分になっているのです。
 何しろその頃洛陽といえば、天下に並ぶもののない、繁盛を極めた都ですから、道路にはひっきりなしに、人や車が通っていました。門一ぱいに当たっている夕日の光の中で、老人のかぶった(しや)の帽子や、土耳古(トルコ)の女の金のイヤリングや、白馬(はくば)に飾った色糸(いろいと)手綱(たづな)が、絶えず流れていく様子は、まるで絵のやうな美しさです。
 しかし杜子春は相変らず、門の壁に身を(もた)せかけて、ぼんやり空ばかり眺めていました。空には、もう細い月が霞の中に、かすかに白く浮んでいるのです。
「日は暮れるし、腹は減るし、その上もうどこへ行っても、泊めてくれる所はなさそうだし----こんな思いをして生きているくらいなら、いっそ川へでも身を投げて、死んでしまった方がましかもしれない。」
 杜子春はさっきから、こんな取りとめもないことを考えていたのです。
 するとどこからやって来たか、突然彼の前に足を止めた、片目不自由な老人があります。それが夕日の光を浴びて、大きな影を門へ落すと、じっと杜子春の顔を見ながら、
「お前は何を考えているのだ。」と
横柄(おうへい)に声をかけました。
「私ですか。私は今夜寝る所もないので、どうしようかと考えているのです。」
 老人の尋ね方が急でしたから、杜子春は目を伏せて、思はず正直な答をしました。

 

李斌.『大正文坛鬼才----芥川龙之介』南京大学出版社.2010.1


yoyo节选的是这本书里收集的故事“杜子春”的开头部分。

故事大致的情节是这样的:主人公杜子春原本是富家子弟,如今穷困潦倒。有位仙人几次帮他成为了大富翁。然而在他富裕的时候人们来奉承他,在他花光所有的钱财时,亲近他的人又全都远离他。终于他不再接受仙人的钱财,看破尘世,拜仙人为师想要修道成仙。于是,仙人带他来到了峨眉山,开始考验他。要求他无论发生什么事都不可以出声。杜子春经历了老虎、蛇和山神的恐吓。因不肯开口说话,被山神刺死,来到地狱。阎王问话时他仍旧闭口不言,被罚经受地狱里剥皮拔舌吸髓啄眼的酷刑。最后因不忍看到变成瘦马的父母被鞭刑的惨状,忍不住失声唤母(yoyo看到这里忍不住シクシク了~),随后惊醒。杜子春虽未能成仙,也毫无怨悔,最终得到了仙人赠与的林间小屋和田地隐居山林。

这是一则很好的故事~yoyo特别想推荐给小伙伴们~

还有哦~喜欢yoyo的朗读的小伙伴~请一定留下你们的评论哦~多多指教~蟹蟹大家啦~

 


最后编辑于:2015-10-05 12:28
分类: 精彩活动
全部回复 (60) 回复 反向排序

  • 24

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团